【PR】当ブログ限定キャンペーン!!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

ロボアドバイザー

【2024年1月】ロボアドバイザーが新年からロケットスタート!? 脅威の運用実績を刮目せよ!!

どうも、メカです。

今回は2024年1発目となるロボアドバイザーの運用実績を共有したいと思います。

年末は110万円を超える含み益を達成していましたが、果たして年が変わってどのようになったのか!?

刮目してください!!

ちなみに自分が実践しているのは下記の7社です。

  • ウェルスナビ
  • THEO+docomo
  • 楽ラップ
  • SUSTEN
  • ロボプロ
  • SBIラップ
  • ON COMPASS

では、早速見ていきましょう。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

Funds

ロボアドバイザー投資とは??

まずはロボアドバイザー投資の基本を簡単に紹介していきます。

ロボアドバイザー投資はロボやAIが投資を様々な面からアシストしてくれる資産運用サービスのこと。

ロボといってもアルゴリズム的なプログラミングですね。

大きく分けると下記二つの種類があります。

  • 投資一任型 → 未経験者〜初心者向け
  • アドバイス型 → 経験者向け

投資一任型サービスは初心者〜未経験者にオススメで、投資家が行うのは入金のみ。

ロボが自分の性格にあった運用を完全自動でおこなってくれます。

投資経験や知識は全く不要です。

完全ほったらかしでいいので忙しいサラリーマンでも全然問題なし。

積立投資まで自動でできますよ。

アドバイス型はどんな投資商品を購入するかのアドバイスをしてくれますが、売買は自分で行われなければいけません。

こちらは自分でリバランスなどの定期的なメンテナンスが必要となるので、ほったらかしにするのはあまりオススメできないです。

詳しくは下記の記事で詳しく紹介していますので知らない人は先に一読してみてくださいね。

 

【2024年1月】WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績

まずは常に絶好調なパフォーマンスを見せているウェルスナビからいきます。

投資を始めたのは2017年の4月。

そこから毎月1万円を積立投資しており、現在の投資金額は104万円です。

最新の運用状況は下記の通り。

  • 円ベース:608,990円(58.56%)
  • ドルベース:2,518ドル(27.68%)

今年も絶好調です。

特に円ベースでのパフォーマンスは素晴らしいの一言。

ドルベースが少し出遅れていますが、これは円安の影響です。

ただ、直近では少し円高に触れてきたこともあり、徐々に上がってきました。

現在のポートフォリオがこちらです。

株式中心なのでかなりリスクをとったポートフォリオです。

ここ最近好調な米国株、日欧株で大きな含み益を上げています。

また、ウェルスナビの手数料はデフォルトだと1.1%ですが、自分は長期割りが適用されています。

0.01%ずつ下がっていき、今では0.08%の割引が適用中です。

最大割引は0.9%までいけるので、あともう一歩でMAXまで到達します。

ちなみにウェルスナビは国内最大手で、すでに運営会社は上場済み。

たった1万円から始められますし、これからロボアドを始めるとしたらウェルスナビは最適だと思いますよ。

WealthNavi(ウェルスナビ)の詳細を知りたい人は下記記事を一読してみてくださいませ。

 

【2024年1月】THEO+docomoの運用実績

次は自分がロボアドを始めるきっかけになったTHEO + docomoです。

現在は現在は約87万円を投資しており、毎月dカードで1万円を積立投資中。

最新の運用実績がこちら。

  • 円ベース:287,800円(32.81%)
  • ドルベース:684.20ドル(9.06%)

ウェルスナビと比較するとインパクトに欠けますが、ともにプラス域で推移しています。

ウェルスナビよりもパフォーマンスが低い理由はポーフォフォリオです。

株式だけでなく、債券をバランスよく取り入れたディフェンシブな構成。

先進国国債、投資適格債券があるので、下落相場になったとしても底堅い強さを見せてくれます。

また、THEO+docomoは預け資産1万円につき1Pのdポイントが毎月プレゼントされます。

累計で3,839Pも貰えました。

ドコモ回線の人は上記の1.5倍が貰えます。

ちなみにTHEO + docomoはdカードでの積立投資が可能です。

dカードGOLDは最大1%、dカードは0.1%が還元されます。

積立と保有額に応じて、ダブルでdポイントを取得可能です。

THEOについて詳しく知りたい方は下記記事をチェックしてください。

 

【2024年1月】楽ラップの運用実績

楽天証券でもロボアドバイザーサービスを提供しています。

「らくらく投資」と「楽ラップ」という2つのロボアドバイザーサービスがありますが、自分は楽ラップを選択中です。

最新の運用実績がこちら。

31,729円の含み益と絶好調です。

ここまでの数字を見た覚えがないので、もしかしたら過去最高かもしれません。

要因としてはポートフォリオに外国株式だけでなく国内株式も入っているからでしょう。

ここ最近は国内株が堅調でバブル以来の最高値を連日更新しています。

新NISAの影響もあり、なんだかまだまだ伸びていきそうです。

そして、投資してからの推移がこちらです。

2023年は2021年に迫るほどの好成績を残していました。

現在楽天証券の口座を保有していて、ロボアドを始めてみたいという人にはおすすめのロボアドです。

楽ラップについては下記で徹底解説していますので気になる方はこちらも合わせてご覧ください。

 

【2024年1月】SUSTENの運用実績

4つ目はSUSTEN(サステン)を紹介します。

お世辞にも知名度が高いサービスとは言えませんが、すでに2万人以上が利用中です。

国内初のプロフィットシェア型(成果報酬型)を採用していているため、ユーザーに寄り添った手数料体系となっています。

投資家が儲からなければ手数料は徴収されません!!

手数料は利益に対して1.1/6〜1.1/9とやや高めに設定されていますが、含み損中はもちろん手数料は無料です。

さて、そんなSUSTEN(サステン)では10万円を投資中。

1月の運用実績はこうなりました。

11,117円のプラス

ちなみに過去最高の成績は103,052円ですので、今月はこのまま行くと手数料が徴収されますね。

流石にこれだけ上がれば文句は言えませんww

そして、運用タイプは信頼の世界経済タイプで、ポートフォリオはこのような構成です。

米国株と先進国株式に比重を置いています!!

ちなみに運用タイプは9つから選ぶことができ、自分は積極運用型です。

先ほども言いましたが、現在国内でプロフィットシェア型の料金体系を採用しているのはSUSTENだけです。

含み損中に手数料をとられることにモヤモヤを感じる人はSUSTENがオススメですよ。

さらに詳しく知りたい人は下記記事をどうぞ。

 

【2024年1月】ROBOPROの運用実績

5つ目はフォリオという証券会社が提供しているロボアド「ROBOPRO(ロボプロ)」です!!

プロ向けのAIを搭載した最新のロボアドになります!!

ロボアドといえば長期投資がメインですが、このロボアドは短期でも利益を追求してくれるという他にはない特徴があるんです。

現在このROBOPROには現在約44万円を投資しており、毎月1万円を積立投資中。

今月の実績はどうなったかというと…

通算損益は118,113円です。

資産は右肩上がりでしっかりと伸びています。

利確を頻繁に行うことから通算利益となっている点もポイントです。

ちなみに投資してからもらった分配金と、手数料はこの通り。

手数料は分配金で十分賄えています。

5,400円ほどはプラスの状態です。

そして今月のポートフォリオと直近6回の投資配分の推移も紹介しておきます。

今月は金と米国債券、新興国株式の3つが多くを占めています。

ただ米国債券の比率を増やし、全体的には守りの資産配分に変更しました。

半年分を見てもかなりリアロケーションしているのがわかると思います。

1ヶ月ごとに利益が狙えるテーマに投資対象をチェンジしていきますが、これがロボプロが短期でも結果を残せる理由です。

AIが最適な判断を出していくんです。

長期だけでなく短期でも利益を狙いたい人はこのROBOPRO(ロボプロ)から始めてみてください!!

詳しく知りたい人は下記をチェックしてくださいませ。

 

【2024年1月】SBIラップの運用実績

6つ目はSBI証券のSBIラップです。

投資は2022年4月から行っており、毎月1万円積立中で現在の投資額は26万円です。

通算損益は21,990円、+8.45%のパフォーマンスを出しています。

評価損益は14,101円です。

最も遅くから始めたサービスということを考えれば十分な実績です。

グラフを見ると綺麗な右肩上がり!!

23年の5月あたりから含み益が増加しました。

ポートフォリオはSBIラップ専用の投資信託で構成されており、現在は株式と米国債券、金が中心です。

先ほど紹介したロボプロと同じような構成となっていますが、SBIラップはロボプロを運用しているフォリオがシステムを提供しているからです。

どうしても同じような構成になります。

現在SBI証券に口座を保有していてロボプロのようなロボアドを体験したいならSBIラップ一択です。

詳しく知りたい人は下記をチェックしてくださいませ。

 

【2024年1月】ON COMPASSの運用実績

ラストはマネックス証券が提供しているロボアドバイザー「ON COMPASS」を紹介して終わります。

こちらでは1,000円を毎月積立投資し、現在の投資額は33,000円です。

最新の実績がこちら。

5,703円のプラスです!!

14.7%のプラスということで、パフォーマンスについては文句ありません。

ON COMPASSの運用戦略は積極型を選択しており、上から数えて2番目に高いリスク許容度です。

リスクが高いだけあり当然のことながら株式が中心のポートフォリオとなっています。

外国債券も20%取り入れているので、マーケットが下落してきた時にはこちらがいい仕事をしてくれるはずです。

ちなみにON COMPASSは1,000円から始められます。

お小遣いの範囲内で積立投資をしながらロボアドを始めたい人にオススメのサービスです。

ON COMPASSについては下記記事で詳しく紹介していますので、もし気になる方がいましたら是非チェックしてみてください。

 

ロボアドバイザー投資のまとめ

では、最後に2024年1月におけるロボアドバイザー各社の日本円ベースでのパフォーマンスをまとめます。

WealthNavi 608,990円(58.56%)
THEO 287,800円(32.81%)
楽ラップ 31,729円 (30.4%)
ON COMPASS 5,703円 (14.7%)
ROBOPRO 118,133円 (23.4%)
SUSTEN 11,117円 (8.8%)
SBIラップ 21,990円 (8.45%)

合計投資額は290万円で含み益は1,085,462円です。

先月は110万円を突破したので、少し下がってしまいましたが、この程度ならほぼ変わりませんね。

以前として絶好調をキープしています。

こう見るとやはりウェルナビが全体を引っ張っており、それにTHEOと楽ラップが続いている状況。

残りの4つも全く悪くないです。

2024年はそこそこいいスタートを切れているので、去年を超える結果を期待したいと思います。

ちなみに現在当ブログはウェルスナビとタイアップキャンペーンを実施中。

下記リンクから口座開設して条件を満たすと1,000円がプレゼントされます。

通常キャンペーンも適用されますので、良ければ使ってください!!

Funds
FUNDINNO(ファンディーノ)
WealthNaviとタイアップキャンペーン実施中!! 【PR】

ロボアドで急激に信用度と人気を獲得しているのが…

WealthNaviです。

ロボアドバイザー界では不動の地位を確立しています。

しかも最低投資金額が10万円から1万円になり、より投資のハードルが下がりました。

そんなWealthNaviですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクからの口座開設で通常キャンペーンに加え、現金1,000円が上乗せプレゼントされます。(詳細のキャンペーン条件は、ウェルスナビ公式サイトで必ずご確認ください)

有利に始めることができるので、気になった方は試しに無料診断をしてみてくださいね。

自分が投資した時の記事は下記にありますので、よろしければこちらも一読してみてください。

最新の運用実績も公開していますよ。

一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(20239月末現在)『ラップ業務』『投資一任業』」を基にネット専業業者を比較 ウエルスアドバイザー社調べ(202312月時点)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック