【限定タイアップ】

ファンディーノへの投資家登録で…

1,000円分のAmazonギフト券が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値結果】さくらさくプラスは業績好調な認可保育所を運営!! 地合い回復で魅力的な銘柄に!?

IPOは一度延期になりましたが2020/9/24に再承認されました。

ぶるぶる
ぶるぶる
うわ、この地合いの中で新規承認が出て来た!! 大丈夫なのかな??
メカニック
メカニック
残念だけどすでに不安しかないよ。

うも、メカニックです!!

さくらさくプラス(7097)のIPOが新規承認されました。

2020/10/28に上場予定で事業内容は”認可保育所を中心とした保育所等の運営“です。

このページではさくらさくプラス(7097)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

マネックス証券

結論:さくらさくプラス(7097)のIPOはプラスリターンの可能性が高い

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
24/35

【スタンス】
やや強気

時間がない人向けにさくらさくプラス(7097)のIPOについてさっとまとめます。

結論からいうと、プラスリターンになる可能性が高いです!!

ポイント
  • 保育事業を運営
  • 想定価格は2,230円
  • 上場市場はマザーズ
  • 上場日は10/28
  • プレミアアンチエイジングと同日上場
  • 吸収金額は約20.4億円
  • 業績は好調で黒字運営
  • 配当と株主優待はなし
  • ロックアップは完璧
  • 主幹事はSMBC日興証券

さくらさくプラスは認可保育事業を運営している会社です。

業績は右肩上がりで黒字経営。

10/28にマザーズに上場予定で吸収金額は17.4億円です。

中型規模ですがこの程度ならば需給面で不利になることはないでしょう。

コロナショック時と比較しても地合いが大幅に回復したのでこのスペックならばプラスリターンになる可能性が高いです。

自分は強気で参加するつもりでいます。

ちなみに当選を目指すなら主幹事のSMBC日興証券が狙い目です。

新規口座開設者は3ヶ月間は無条件で優遇抽選が受けられますので、当選を目指す人はなるべく早く準備してくださいね。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

さくらさくプラス(7097)のIPO詳細

銘柄 株式会社さくらさくプラス
市場 マザーズ
上場日 2020/04/24

2020/10/28
コード 7097
公募 457,000株

350,000株
売り出し 402,900株

321,400株
OA 128,900株

101,600株
想定価格 2,060円

2,230円
吸収金額 20.4億

約17.4億(想定価格ベース)
時価総額 約87.3億

約92.1億(想定価格ベース)
BB期間 2020/4/09~4/15

2020/10/13~10/19
価格決定日 2020/04/16

2020/10/20

さくらさくプラス(7097)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたさくらさくプラスがどんな企業なのかを簡単に紹介していきます。

沿革を見ると現在の副社長の中山氏が個人で開設した「りょくちさくらさくほいくえん」からスタート。

その後、株式会社ブロッサムを立ち上げて法人化しました。

順調に施設を増やしていき、2017年に株式移転によりさくらさくプラスを設立し、ブロッサムを子会社化して現在に至ります。

グループは関連会社4社を含む、合計5社で構成されています。

従業員数は878名で提出会社の平均年間給与は約643万円です。

そんなさくらさくプラスの事業系統図は下記の通りになります。

運営しているのは「認可保育所の運営」です。

認可保育所がメインですが、認証保育所、その他認可外保育所も運営しているようです。

主に東京23区を中心に展開しており、施設数はすでに40を超えています。

さらに日本だけでなく、ベトナムのハノイにも現地法人を設立し、「Hana home」という保育所を運営中です。

相手先

相手先はこのようになっています。

やはり地方自治体がお得意先です。

とりぱっぐれることがないので最高のお客さんといえますね。

さくらさくプラス(7097)のIPOスペック

続いてさくらさくプラス(7097)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は2,230円。

上場予定市場はマザーズで吸収金額は約17.4億円となっています。

さくらさくプラス(7097)のIPOにおけるマイナス要素

2020年の10月後半はIPO数が多くなってきました。

その影響で残念ながらさくらさくプラスはプレミアアンチエイジングと同日上場。

どちらかといえばさくらさくプラスの方が人気だとは思いますが、どうしても資金分散は避けられません。

そして地合いもやや落ち着かなくなってきました。

IPOは堅調な初値形成が続いているので大丈夫だとは思いますが上場日の地合い次第で大きく左右されそうです。

さくらさくプラス(7097)のIPOにおけるプラス要素

プラス要素は業種ですかね。

認可保育園の運営ということで今後も需要が落ちることはありません。

共働きが当たり前の昨今ですから社会貢献性が非常に高い事業です。

また吸収金額も小型ではありませんが17億円ですので重たさは感じません。

少し前に上場した同業種のkids smile holdingsもプラスリターンになりましたので、こちらもいい影響を与えるかもしれません。

業績も伸びていますし、黒字運営なところも好印象です。

ぶるぶる
ぶるぶる
スペック的には悪くないしなんとかなりそう!!
メカニック
メカニック
コロナショックの時に上場を延期したのは正解だったかもしれないね。

 

さくらさくプラス(7097)のIPO仮条件

2,230円 〜 2,330円

想定価格が下限の強気設定となりました。

これにより吸収金額は18.2億円となります。

 

さくらさくプラス(7097)のIPO公開価格

2,330円

※公開価格が決定次第更新します。

 

さくらさくプラス(7097)のIPO初値結果

3,435円

初値売りで11.05万円の利益でした。(+47.4%)

 

さくらさくプラス(7097)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてさくらさくプラス(7097)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 SMBC日興証券
6,100枚
610枚
1
幹事 野村證券
237枚
24枚
5
SBI証券
237枚
107枚
2
岩井コスモ証券
101枚
11枚
6
マネックス証券
33枚
33枚
4
エース証券
33枚
0枚
楽天証券
33枚
33枚
3
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

さくらさくプラス(7097)の主幹事

主幹事はSMBC日興証券です。

4月IPOは主幹事が野村證券ばかりでしたのでネット組としては嬉しい限り。

ただSMBC日興証券は当選後にキャンセルすると1ヶ月間IPOに申し込めないというペナルティが発動します。

申し込む時は購入を覚悟してくださいね。

また、SMBC日興証券といったら優遇ステージも重要になってきます。

直近は参加者が減少傾向ですのでゴールドやプラチナステージの人はかなりの確率で当選できそうです。

また、新規口座開設後の3ヶ月間は無条件で優遇抽選が受けれますのでまだ口座を持っていない人はしっかりと準備しておきましょう!!

その他狙い目の証券会社

平幹事は合計5社。

ただエース証券はネットからIPOに参加できませんので実質4社ということになります。

狙い目はSBI証券マネックス証券の2社ですかね。

マネックス証券はここ最近も当選報告がとにかく多いです。

割当枚数の100%を平等抽選で当選者を決めてくれるので必然的に当選確率は高くなります。

また、不参加の人もSBI証券からは申込をしてIPOチャレンジポイントだけはゲットしておくようにしてください。

ぶるぶる
ぶるぶる
幹事構成はネット組でも当選が狙いやすいね。特にSMBC日興証券からはそれなりに当選者でてきそう。
メカニック
メカニック
優遇抽選も狙えそうだね!!

 

さくらさくプラス(7097)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

さくらさくプラス(7097)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 SMBC日興証券
補欠
幹事 野村證券
落選
SBI証券
落選
岩井コスモ証券
後期
マネックス証券
落選
エース証券
ネット申込不可
楽天証券
後期
委託幹事 松井証券(?)
取り扱いなし
岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

とりあえず参加としました!!

以前の承認時と比較して地合いは大幅に回復しました。

直近IPOの結果は良好ですので、このままならプラスになる可能性が高いと思います。

とはいえ、確実に大丈夫とは言えません。

心配な人は仮条件をみてから決めるようにしてくださいね。

 

さくらさくプラス(7097)のIPO初値予想

さくらさくプラス(7097)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

下記は公募価格が上限できまった場合となります。

上限で決まらなかった場合はそれぞれの掛け率を乗じてください。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,800円 〜 3,900円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

3,900円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

https://ipomechanic.com/2017/04/13/post-28665/

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック