COZUCHIとタイアップキャンペーン!!

【先着1,000名】

COZUCHIへの投資家登録で2,000円分のアマギフが貰えます!!

IPO投資

【IPO評価】タカヨシはわくわく広場で地方創生関連!? 初値予想や上場日、主幹事構成、時価総額まとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
タカヨシが新規承認!! 日程がすごいことになってきた。
メカニック
メカニック
なんだかとんでもない12月になってきたね。。

どうも、メカニックです!!

タカヨシ(9259)のIPOが新規承認されました。

2021/12/24に上場予定で事業内容は 地域の食の産直プラットフォーム型店舗「わくわく広場」の運営です。

このページではタカヨシ(9259)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、下記の動画でも紹介しています。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:タカヨシの初値はギリ公募以上か!?

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
22/35

【スタンス】
やや強気

時間がない人向けにタカヨシのIPOについて要点をピックアップしてまとめました。

結論からいうと、初値は今の地合いだとギリギリ公募以上になると思います。

ポイント
  • 食の産直プラットフォームの運営
  • 12/23に上場
  • 想定価格は1,490円
  • 上場市場はマザーズ
  • 吸収金額は約24.2億円
  • 業績は好調で黒字経営
  • ロックアップはややゆるい
  • 主幹事は野村證券

タカヨシ業食の産直プラットフォームを運営している企業です。

具体的にはわくわく広場という地域を結ぶ直売所です。

マザーズに上場を予定しており、想定価格は1,490円、吸収金額は約24.2億円です。

売上、純利益ともに増加傾向と、業績は問題ありません。

地方創生というテーマ性も感じます。

しかし過密スケジュールかつ、地合いが良くないことから初値高騰は難しいでしょう。

幹事構成を見ると、最も当選しやすいのは主幹事の野村證券です。

0円でIPOにネットから申込ができる上に、当選後にキャンセルしてもペナルティがありません。

迷ったらとりあえず参加しておくことをお勧めします。

また、LINE証券でも委託販売される可能性が高いのでこちらもお忘れなく。

ここ最近は取り扱い数が激増中です!

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので、興味がある人は是非チェックしてみてください。

ちなみに当ブログでは特別キャンペーンも実施しており、投資家登録でAmazonギフト券1,000円相当が貰えます。

さらに、自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

タカヨシ(9259)のIPO詳細

銘柄 株式会社タカヨシ
市場 マザーズ
上場日 2021/12/24
コード 9259
公募 900,000株
売り出し 515,000株
OA 212,200株
想定価格 1,490円
吸収金額 約24.2億(想定価格ベース)
時価総額 約77.5億円(想定価格ベース)
BB期間 2021/12/8~12/14
価格決定日 2021/12/15

タカヨシ(9259)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたタカヨシ(9259)がどんな企業なのか簡単に紹介しますね。

前身は1970年創業した有限会社高芳商事です、

1979年に現在の社名に変更。

外部から資金調達をしないで、地道に売上を伸ばし、およそ51年ほどでのIPOとなりました。

現在の従業員は91名、提出会社の平均年間給与は456万円です。

そんなタカヨシの事業内容は食の産直プラットフォーム事業です。

ビジネスモデルは下記の通り。

全国各地に直売所であるわくわく広場を提供しています。

関東を中心に約122店舗を展開。

地元生産者を地元の人に売ることを基本方針としており、地産地消を後押ししています。

タカヨシ(9259)のIPOスペック

続いてタカヨシ(9259)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,490円。

上場予定市場はマザーズを見込んでおり、吸収金額は約24.2億円となっています。

タカヨシ(9259)のIPOにおけるマイナス材料

大きなマイナス要素はスケジュールでしょう。

これは12月後半のIPO全てに言えることですが、過密スケジュールのため、資金分散が起こりやすいです。

また、タカヨシは派手な企業ではないため、単独上場と比較して注目度も落ちます。

事業内容も人気のSaaSやAIなどではないため、人気化は難しそうです。

タカヨシ(9259)のIPOにおけるプラス材料

初値高騰させるだけのプラス材料は見当たりません。

吸収金額は20億円台とマザーズでは中型となり、重たさは感じませんが、需給関係が良いとは言えない規模です。

ただ、売上、純利益ともに伸びており、業績は評価できます。

ぶるぶる
ぶるぶる
単独上場だったら全然プラスリターンを狙えるスペックなのにね。。
メカニック
メカニック
こうなるとセカンダリーで掘り出し物がでてくるかもよ。

 

タカヨシ(9259)のIPO仮条件

-円 〜 -円

※仮条件決定後に更新

 

タカヨシ(9259)のIPO公開価格

-円

※公開価格決定後に更新

 

タカヨシ(9259)のIPO割当枚数と当選期待度

続いて、タカヨシ(9259)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 野村證券
-枚
-枚
1
幹事 ちばぎん証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
マネックス証券
-枚
-枚
三菱UFJモルガンスタンレー証券
-枚
-枚
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
SBIネオトレード証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
auカブコム証券(?)
-枚
-枚
LINE証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

タカヨシ(9259)の主幹事

主幹事は野村證券です!!

タカヨシのIPO株が欲しい人は最優先で申込をしてくださいね。

ただ、この枚数だと正直、プラチナチケットと言っても言い過ぎではないと思います。

過度な期待はしないように。

申し込みスタンスに迷ったら、当選後のキャンセルもできるので、とりあえず申し込む形でいいと思いますよ。

それにしても、野村證券は12月はさすがに多くのIPOで主幹事を担当しています。

でも、やっぱり地味目が多いですね 笑

IPOルールは下記にまとめてありますので、ご存知ない方はこちらをチェックしてください。

その他狙い目の証券会社

平幹事ではネット証券のSBI証券マネックス証券が幹事入り。

委託販売はLINE証券auカブコム証券の2社が予想されます。

少しでも当選確率をアップさせたい人はこちらもチェックしましょう。

ぶるぶる
ぶるぶる
とりあえず参加しておこうかな。
メカニック
メカニック
野村證券は去年カクヤスが当選したから、今年の12月も1個くらい当選したい。

 

タカヨシ(9259)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

タカヨシ(9259)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 野村證券
未定
幹事 ちばぎん証券
ネット申込不可
SBI証券
参加
マネックス証券
未定
三菱UFJモルガンスタンレー証券
未定
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
未定
松井証券(?)
未定
楽天証券(?)
未定
GMOクリック証券(?)
未定
SBIネオトレード証券(?)
未定
DMM株(?)
未定
LINE証券(?)
未定
auカブコム証券(?)
未定

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

未定としていましたが、仮条件が悪くなければ参加方向で検討しています。

初値で売っても、多少利益が見込めるかなという予想です。

それにしても今年の12月はIPOが多すぎて、資金がカツカツになりそうですね。

資金コントロールも慎重に行なっていきましょう。

 

タカヨシ(9259)のIPO初値予想と初値結果

タカヨシ(9259)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

-円 ~ -円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。

初値結果

-円
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック