IPO投資

【IPO初値結果】ミクリードは業績好調だけど兄弟会社のカクヤスに依存!? 業務用食材の専門家!!

ぶるぶる
ぶるぶる
ミクリードのIPOが新規承認。聞いたことないけどどんな会社なの??
メカニック
メカニック
一言で言うと食品関連の会社かな。

どうも、メカニックです!!

ミクリード(7687)のIPOが新規承認されました。

2020/3/16に上場予定で事業内容は”飲食店向け業務用食材等の企画・販売“です。

このページではミクリード(7687)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

マネックス証券

結論:ミクリード(7687)のIPOはそこそこ期待できる!?

時間がない人向けにミクリード(7687)のIPOについてさっとまとめます。

結論からいうと、初値は公募価格を上回りそうです!!

ポイント
  • 業務用食材の企画・販売
  • 想定価格は890円
  • 上場市場はマザーズ
  • 吸収金額は約9.5億円
  • 業績好調で黒字
  • 配当性向は20%
  • ロックアップはがっちり
  • 主幹事はみずほ証券

ミクリードは飲食店向けの業務用食材を企画・販売をしています。

売上は緩やかに増加しており、黒字運営です。

3/16にマザーズ市場に上場予定で市場からの吸収金額は9.5億円を予定しています。

小型規模となり需給面での優位性は非常に高いです。

すでに配当を実施済みで配当性向は今後20%ほどを目指すとのこと。

3月は他にも上場する企業が多くあり、投資家の資金が分散される可能性がありますが今の所、初値は公募価格以上になりそうです。

ロックアップはしっかりとかかっていて、価格による解除事項はありません。

そして、当選を目指す場合は主幹事のみずほ証券を第一優先に申込ましょう。

口座を持っていない人はしっかりと準備しておくようにしてくださいね。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

ミクリード(7687)のIPO詳細

銘柄株式会社ミクリード
市場マザーズ
上場日2020/3/16
コード7687
公募50,000株
売り出し882,000株
OA139,800株
想定価格890円
吸収金額約9.5億(想定価格ベース)
時価総額約18.2億円(想定価格ベース)
BB期間2020/2/27~3/4
価格決定日2020/3/5

ミクリード(7687)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたミクリードを簡単に紹介していきます。

沿革を見るとなかなかに波乱万丈な社歴なようです。

ミスミグループのフード事業としてスタートし、その後2006年にミクリードを設立。

1年後の2007年にカクヤスが全株式を取得し、今度は吸収合併。

っと思ったら今度は2012年に株式会社ミクリードを設立してカクヤスのフード事業を承継しました。

最終的にはカクヤスの親会社となったSKYホールディングスが承継して今に至るという感じです。

つまりカクヤスとミクリードは兄弟会社ということになりますね。(知らなかった。)

現在の従業員数はわずか15名、平均年間給与はおよそ717万円です。

そんなミクリードですが、先ほども言った通り「飲食店向けの業務用食材を企画・販売」をしています。

事業系統図は下記の通りです。

事業内容としては個人経営の居酒屋をメインに業務用食材の通信販売を行なっています。

肉・魚・野菜・串・揚げ物・デザートなど4千点の商品を即日出荷可能で、翌日には店舗に届けられる体制を構築しています。

WebやFAXなら365日・24時間受注が可能で電話でも深夜2時まで対応しているとのこと。

現在は全国1万店舗以上が利用しているみたいですよ。

ちなみに相手先を見たら兄弟会社のカクヤスの名前がありました。

直近を見ても16%ほどの売上を依存しているようですね。

ミクリード(7687)のIPOスペック

続いてミクリード(7687)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は890円。

上場予定市場はマザーズで吸収金額は約9.5億円となっています。

ミクリード(7687)のIPOにおけるマイナス要素

気になるマイナス要素としては売出の多さでしょうか。

売出元は親会社ということで若干、換金的な意味合いも感じます。

また3月は上場ラッシュということもあり、中盤以降は買い疲れがでてきてもおかしくありません。

あとは業種に目新しさがないせいかパッとしない印象を受けます。

ミクリード(7687)のIPOにおけるプラス要素

上場市場は初値高騰しやすいマザーズで、かつ吸収金額はおよそ9.5億円と小型サイズです。

需給面では大きなアドバンテージがあります。

また想定価格が1,000円未満と、投資家が買いやすい価格なのもグッドです。

そしてロックアップを見ると価格による解除事項が記載されていませんので、上場後の売り圧力はそれほど気にしなくていいと思います。

あと、食品関連ということもあり将来的に株主優待を新設する可能性もゼロではありません。

ちょっと期待しちゃいますよね。

ぶるぶる
ぶるぶる
派手さはないけど、小型マザーズだし堅調な初値形成はしそうな雰囲気。
メカニック
メカニック
サプライズ的な初値は厳しいとは思うけどね。

 

ミクリード(7687)のIPO仮条件

790円 〜 890円

想定価格が上限の通常設定でした。

 

ミクリード(7687)のIPO公開価格

890円

※公開価格が決定次第更新します。

 

ミクリード(7687)のIPO初値結果

818円

初値売りで7,200円の損失でした。(-8.1%)

 

ミクリード(7687)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてミクリード(7687)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事みずほ証券
-枚
-枚
1
幹事大和証券
-枚
-枚
三菱UFJモルガンスタンレー証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
マネックス証券
-枚
-枚
岡三証券
-枚
-枚
エース証券
-枚
-枚
委託幹事岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
auカブコム証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

ミクリード(7687)の主幹事

ミクリードの主幹事はみずほ証券がつとめます。

基本的にIPOは主幹事が一番当選しやすいです。

当選を目指すならば必須の証券会社ですよ。

ちなみに今回は当選枚数がそこまで多くはありませんが、ワンチャンあると思います。

自分はこのところ全く当選できていないので、「そろそろひっかからないかな」と淡い期待を込めて申込するつもりです 笑

IPOルールについては下記記事にまとめてありますので、ご存知ない方は一度チェックしてみてくださいね。

その他狙い目の証券会社

幹事団はバラエティに富んだラインナップです。

大手、ネット、中堅が揃い踏み!!

この中だと上位幹事の大和証券SBI証券マネックス証券の3社が狙い目になると思います。

マネックス証券に関しては当選報告をよく聞くのでここは必ず押さえておきたいですね。

IPOは100%抽選配分なのでネット組にとってはマストな証券会社ですよ。

【IPOルール】マネックス証券は脅威の100%抽選配分!! 当選歴や幹事実績を超解説!! IPO投資で欠かせない証券会社の一つがマネックス証券です。 必須口座といっても過言ではないでしょう(^ ^) 本日は...

あと、auカブコム証券でも委託販売する可能性が高いのでこちらも忘れずにチェックしてくださいませ。

ぶるぶる
ぶるぶる
主幹事のみずほ証券で当選を目指すぞ!!
メカニック
メカニック
公募価格が低価格だから参加しやすいね。

 

ミクリード(7687)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

ミクリード(7687)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事みずほ証券
落選
幹事大和証券
落選
三菱UFJモルガンスタンレー証券
次点
SBI証券
落選
マネックス証券
補欠当選
岡三証券
落選
エース証券
ネット申込不可
委託幹事楽天証券(?)
取り扱いなし
松井証券(?)
取り扱いなし
岡三オンライン証券(?)
落選
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし
auカブコム証券(?)
参加予定

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

当選できれば無難にプラスリターンが見込めると思うので、フルエントリーで挑むつもりです。

多少、地合いが悪くなっても公募割れということはないでしょう。

ただスペック的には需給面頼りなところがあるので初値高騰は難しいと思います。

想定価格も低いですし、大きなリターンは期待しないようにしてくださいね。

 

ミクリード(7687)のIPO初値予想

ミクリード(7687)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

890円 〜 1,400円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

900円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

ミクリード(7687)のIPO個人的評価

【総合評価】
23/35

【スタンス】
やや強気

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【生の口コミ】SBIソーシャルレンディングに3年投資してわかったメリット7つ・デメリット3つSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。