当ブログ一押しキャンペーン!!

【先着1,000名】

9/30までFundsに口座開設で1,000円分のアマギフが貰えます!!

IPO投資

【IPO評価】ユミルリンクは同日上場関係無しのハイスペック!? 上場日や主幹事構成、時価総額まとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
ユミルリンクのIPOが新規承認!! なんか進撃の巨人が頭に浮かぶww
メカニック
メカニック
残念ながら全く関係ないよ!!

どうも、メカニックです!!

ユミルリンク(4372)のIPOが新規承認されました。

2021/9/22に上場予定で事業内容はメッセージングプラットホーム事業です。

このページではユミルリンク(4372)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:ユミルリンク(4372)の初値は公募価格以上を狙える!!

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
26/35

【スタンス】
強気 

時間がない人向けにユミルリンク(4372)のIPOについて要点をピックアップしてまとめました。

結論からいうと、初値は大きな利益が出せそうです。

ポイント
  • メッセージプラットホーム事業
  • 9/22にコアコンセプトと同日上場
  • 想定価格は950円と低価格
  • 上場市場はマザーズを予定
  • 吸収金額は約13.9億円
  • 業績は絶好調で成長性を感じる
  • ロックアップはかため
  • 配当と株主優待はなし
  • 主幹事は野村証券

ユミルリンクはメッセージプラットフォーム「Cuenote(キューノート)」を運営している企業です。

吸収金額は13.9億円で今回はマザーズに上場します。

業績は右肩上がりで伸びており、黒字経営。

上場日は9/22でコアコンセプト・テクノロジーと同日上場ですが、気になるマイナス材料はそのくらいです。

需給面の優位性が高く、業種も人気化が期待できるため、初値は公募価格以上を狙えます。

最も当選しやすいのは主幹事の野村證券

次点で平幹事のSBI証券でしょうか。

幹事団は合計4社、さらに950円と低価格なのでフルエントリーしやすいIPOだと思います。

また、LINE証券でも委託販売される可能性が高いのでこちらも忘れずにチェックしましょう!!

ここ最近は取り扱い数が激増中です!

そして、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので、興味がある人は是非チェックしてみてください。

ちなみに当ブログでは特別キャンペーンも実施しており、投資家登録でAmazonギフト券1,000円相当が貰えます。

さらに、自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

ユミルリンク(4372)のIPO詳細

銘柄 ユミルリンク株式会社
市場 マザーズ
上場日 2021/09/22
コード 4372
公募 338,200株
売り出し 937,800株
OA 191,400株
想定価格 950円
吸収金額 約13.9億(想定価格ベース)
時価総額 約37.0億円(想定価格ベース)
BB期間 2021/9/3~9/9
価格決定日 2021/9/10

ユミルリンク(4372)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたユミルリンクがどんな企業なのか簡単に紹介しますね。

前身は1999年に設立された有限会社ユミルリンクです。

2000年に株式会社に組織変更。

そして2006年にアイテック阪急阪神株式会社と業務提携し、2011年には親会社になります。

その後、主要都市に支店を開設していき、事業を拡大!!

有限会社から数えるとおよそ21年でのIPOとなりました。

従業員数は111名で提出会社の年間平均給与は573万円となっています。

さて、そんなユミルリンクはメッセージングソリューション事業です。

事業系統図は下記の通り。

法人のマーケティング・コミュニケーション活動を支援するメッセージプラットフォーム「Cuenote(キューノート)」を提供しています。

現在はSaaS形式とソフトウェア形式の2形式で提供しており、96.7%がSaaS型を利用しています。

具体的な機能としてはメールマガジンやニュース速報などを大人数にメールを高速配信する「Cuenote FC」、ECサイトや会員サイトにおける通知や認証などのトラクションメールを送る「Cuenote SR-S」などなど。

5つのサービスを展開中です。

自治体やECサイト、金融、流通など様々な企業に利用されています。

ユミルリンク(4372)のIPOスペック

続いてユミルリンク(4372)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は950円。

上場予定市場はマザーズを見込んでおり、吸収金額は約13.9億円となっています。

ユミルリンク(4372)のIPOにおけるマイナス材料

初値に悪影響を与えそうなのは、スケジュールぐらいです。

残念ながらコアコンセプト・テクノロジーと同日上場になってしまいました。

IPOでは上場日が重なると資金分散、さらに注目度の分散が起こりやすく、単独上場と比較してパフォーマンスが落ちやすい傾向があります。

お互い規模が小さいので、そこまで大きな影響を与えないとは思いますが年のため覚えておきましょう。

それにしても9月前半から中盤までIPOが全くないのに、なんでこう上手いことバッティングするんですかね。。

ユミルリンク(4372)のIPOにおけるプラス要素

次に好影響を与えてくれそうなプラス要素をチェックしていきます。

まずはやはり、吸収金額の小ささでしょう。

マザーズに上場で10億円台ならば需給で有利に働きます。

この時点で公募割れの可能性は極めて低いです。

その上、事業内容もメッセージングプラットフォームの運営ということで地味さも感じません。

ネット系やAI、IoTなどIPOでは目新しい事業の方が高評価されるので、十分加点を与えられます。

業績も売り上げは右肩上がりで伸びていますし、連続で黒字をだしている点はグッドです。

上位株主のロックアップもしっかりとかかっていますから、期待できるスペックと言っていいのではないでしょうか。

ぶるぶる
ぶるぶる
最先端の事業とは言えないけど、需給も良いし、業績もいいから問題なさそうだね。
メカニック
メカニック
地合いが悪くてもプラスリターンにはなるかな。

 

ユミルリンク(4372)のIPO仮条件

950円 〜 1,000円

上ブレしています。

これにより吸収金額は最大14.7億円です。

 

ユミルリンク(4372)のIPO公開価格

-円

※公開価格決定後に更新

 

ユミルリンク(4372)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてユミルリンク(4372)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 野村證券
-枚
-枚
1
幹事 SBI証券
-枚
-枚
SMBC日興証券
-枚
-枚
三菱UFJモルガンスタンレー証券
-枚
-枚
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
SBIネオトレード証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
auカブコム証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

ユミルリンク(4372)の主幹事

主幹事は大手証券の野村證券です。

このところ主幹事をつとめるのは地味な企業が多かったように感じますが、久しぶりにちょっとピカピカした企業をもってきました。

当然、今回のユミルリンクでは最も当選しやすい証券会社になりますので、IPO株をゲットしたい人は最優先で申し込みしましょう。

ちなみにIPOルールは事前入金不要で申し込みができる上に、当選後のキャンセルもペナルティなしと、かなり投資家に有利な条件となっています。

迷ったら参加でいいと思いますよ。

口座を保有していない人はなるはやで準備してくださいね。

その他狙い目の証券会社

平幹事は3社のみ。

想定価格も低いので、全て申し込みしたとしても30万円もかかりません。

基本的にはフルエントリーでいいかと思います。

最低でもSBI証券からは申し込みして、落選してもIPOチャレンジポイントだけはゲットする保険をかけておきましょう。

あと、auカブコム証券でも委託販売する可能性がありますので、こちらからも要チェックです。

ぶるぶる
ぶるぶる
幹事構成はいつものメンツだ 笑
メカニック
メカニック
うん、当選枚数は多めだから平幹事でも当選できるチャンスありそうだね。

 

ユミルリンク(4372)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

ユミルリンク(4372)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 野村證券
落選
幹事 SBI証券
落選
SMBC日興証券
補欠
三菱UFJモルガンスタンレー証券
次点
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
松井証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
SBIネオトレード証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし
auカブコム証券(?)
後期
LINE証券(?)
後期

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

フルエントリーでいかせていただきます!!

心配なのはスケジュール、そして地合いぐらいなので問題はないと感じました。

びっくりするような初値にはならないまでも、公募比2倍は射程圏内かと。

あとは当日の雰囲気次第です。

とりあえず参加方向で大丈夫な銘柄だと思います。

 

ユミルリンク(4372)のIPO初値予想と初値結果

ユミルリンク(4372)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

1,200円 ~ 1,700円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


初値結果

-円
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック