IPO投資

【IPO新規上場】パワーソリューションズの評価は?? 金融コンサルとRPAを手がける小型マザーズ案件!!

ぶるぶる
ぶるぶる
なんと10月の第一弾IPOが新規承認!! しかも良さげな銘柄だね。
メカニック
メカニック
9月のIPOは少なかったから10月には期待したいところ。

どうも、メカニックです!!

パワーソリューションズ(4450)のIPOが新規承認されました。

2019/10/01に上場予定で事業内容は”金融機関に向けた業務コンサルティング・システムの受託開発・運用 保守サービス及び業務のアウトソーシング受託、並びに法人に向けたRPAライセンスの販売及び導入サポート等“です。

このページではパワーソリューションズ(4450)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

結論:パワーソリューションズ(4450)のIPOは初値高騰に期待!!

時間がない人向けにパワーソリューションズ(4450)のIPOについてさっとまとめます。

ポイント
  • 金融機関向けのコンサルやRPA関連
  • マザーズに上場
  • 吸収金額は6.1億円と小型
  • 業績は黒字で右肩上がり
  • 当選期待度NO.1は大和証券
  • 想定価格は1,870円

パワーソリューションズ(4450)は金融機関向けのコンサルやRPA導入サービスを提供している会社です。

マザーズに上場で吸収金額は6.1億円と軽めの規模。

業績は右肩上がりで黒字かつ成長性を感じます。

株主にVCは1社のみで、ロックアップは公募価格の1.5倍で解除。

最も当選しやすいのは主幹事の大和証券です。

抽選割合が高い上に、チャンス抽選もあるのでネットからの申し込みでも当選できる可能性があります。

プラスリターンが濃厚なIPOだと思いますよ!!

大和証券で当選を目指す

 

パワーソリューションズ(4450)のIPO詳細

銘柄株式会社パワーソリューションズ
市場マザーズ
上場日2019/10/01
コード4450
公募285,700株
売り出し0株
OA42,800株
想定平均価格1,870円
吸収金額約6.1億(想定価格ベース)
時価総額約24.7億(想定価格ベース)
株主優待なし
ブックビルディング期間2019/09/12~09/19
公開価格決定日2019/09/20

パワーソリューションズ(4450)ってどんな会社??

今回新規承認されたパワーソリューションズ(4450)は2002年に設立された東京に本社を置く企業です。

「俯瞰的な視点で、世の中の非効率を解消していくことで、より満足度の高い未来を創造する」というビジョンを掲げています。

従業員は152名で、提出会社の平均年間給与は約659万円です。(そこそこ高い!!)

そして、パワーソリューションズはビジネステクノロジーソリューション事業を行なっています。

事業系統図は下記の通り。


※クリックすると拡大します。

大きく分けると3つのサービスに分類することができます。

  1. システムインテグレーション
  2. アウトソーシング
  3. RPA関連サービス

サービス1:システムインテグレーション

システムインテグレーションでは金融機関向けのコンサルティングやシステムの受託販売を行なっています。

具体的にはレポーティング関連システム、コンプライアンス関連システム、発注関連システムの開発などです。

パワーソリューションズが設立時から手がけているメイン事業になります。

サービス2:アウトソーシング

アウトソーシングは金融機関の付随業務の受託、人材派遣をして業務プロセスの一部代行を行なっています。

さらには航空券の手配代行サービスも行なっているようです。

サービス3:RPA関連サービス

RPA関連サービスで行なっているのはRPAソフト「UiPath RPA Platform」のライセンス販売及び導入サポート」です。

取引がある金融機関やそのほかの業界の法人に対してもサービスを提供しています。

主な取引先

そして主な取引先がこちらです。

NRIプロセスイノベーションと野村アセットマネジメントの2社。

2社でおよそ売上の3割ほどを依存しているのがわかります。

パワーソリューションズ(4450)のIPOスペック

続いてパワーソリューションズ(4450)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,870円。

上場予定市場はマザーズで吸収金額は約6.1億円となっています。

パワーソリューションズ(4450)のIPOにおけるマイナス要素

初めにパワーソリューションズ(4450)のマイナス要素をチェックしていきます。

ざっと見ましたがこれといったマイナス要素は見当たりませんでした。

内部的なところだとVCのロックアップが公募価格の1.5倍で解除されるところですかね。

外部的には地合いが気になるところです。

日経平均も2万円を割りそうな雰囲気もでています。

公募割れの心配はありませんが、2018年の年末のような地合いになったら予想以上にしょぼい利益になるかもしれません。

パワーソリューションズ(4450)のIPOにおけるプラス要素

続いてプラス要素をチェックしていきましょう。

まずはなんといっても規模ですね。

マザーズで吸収金額10億円未満は鉄板です。

大きなプラス要素になること間違いなし。

また、業種も金融機関向けのコンサルがメインではあるものの、RPAを手がけているのはグッドです。

RPAは今注目されている分野ですし、市場も拡大傾向。

過去に上場したRPAホールディングスは初値高騰しました。

規模、市場、業種、3拍子揃ったハイスペックなIPOだと思います。

ぶるぶる
ぶるぶる
このスペックじゃあ初値を期待せざる負えないね!! 公募比2倍以上は射程圏内かな。
メカニック
メカニック
売上も増加傾向だし文句のつけどころがない 笑

 

パワーソリューションズ(4450)のIPO仮条件

-円 〜 -円

※仮条件が決定次第更新します。

 

パワーソリューションズ(4450)のIPO公開価格

-円

※公開価格が決定次第更新します。

 

パワーソリューションズ(4450)のIPO初値結果

-円

※上場後に更新

 

パワーソリューションズ(4450)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてパワーソリューションズ(4450)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事大和証券
-枚
-枚
1
幹事みずほ証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
マネックス証券
-枚
-枚
岩井コスモ証券
-枚
-枚
いちよし証券
-枚
-枚
松井証券
-枚
-枚
極東証券
-枚
-枚
エース証券
-枚
-枚
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

パワーソリューションズ(4450)の主幹事

これは嬉しいところが主幹事なってくれました!!

パワーソリューションズ(4450)の主幹事は大和証券がつとめます。

9月もChatworkなど注目度の高いIPOで主幹事をつとめていたりと、最近ノリノリです。

大和証券は大手証券の中では抽選割合がダントツに高く、さらにチャンス抽選という敗者復活制度もあります。

ネットからの申込でも当選できる可能性がありますよ。

自分は最近当選をいただけていませんが、ここでホームランをかましたいと思います。

詳しいIPOルールは下記記事に記載してありますので、知らない人はしっかりと確認しておきましょう。

大和証券で当選を目指す

その他狙い目の証券会社

次に平幹事を見ていきます。

パワーソリューションズ(4450)の平幹事は合計8社とやや多め。

SBI証券マネックス証券松井証券とネット証券が3社も入っています。

この3社は抽選割合が高いので、優先的に申込しておきたいところです。

ちなみにマネックス証券はIPOの当選確率はみんな一緒。

経験や資金量関係なく、平等に抽選を受けられますよ。

【IPOルール】マネックス証券は脅威の100%抽選配分!! 当選歴や幹事実績を超解説!! IPO投資で欠かせない証券会社の一つがマネックス証券です。 必須口座といっても過言ではないでしょう(^ ^) 本日は...

そしてSBI証券は落選してもIPOチャレンジポイントがもらえますので、こちらからも必ず申込ましょう。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

少ない資金でIPOに参加している人は資金不要で申込できる証券会社も大事です。

パワーソリューションズではいちよし証券が資金不要で申込ができます。

さらに岩井コスモ証券も後期型の特徴を上手く利用すれば資金を節約して申込することが可能です。

裏技を使えば資金効率が大幅にアップ!! 岩井コスモ証券のIPOルールや取り扱い実績を徹底解説します。 IPOの抽選が後期型で、よく幹事入りする証券会社といえば間違いなく… 岩井コスモ証券でしょう!! 毎年コンスタントに幹事...
ぶるぶる
ぶるぶる
この幹事構成ならなんか当選できそうな気がする!!
メカニック
メカニック
枚数が少ないから厳しいけど、ネット組でもチャンスはあると思う!!

 

パワーソリューションズ(4450)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

パワーソリューションズ(4450)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事大和証券
参加
幹事みずほ証券
参加
SBI証券
参加
マネックス証券
参加
岩井コスモ証券
参加
いちよし証券
参加
松井証券
参加
極東証券
ネット申込不可
エース証券
ネット申込不可
委託岡三オンライン証券(?)
参加予定
楽天証券(?)
参加予定
安藤証券(?)
参加予定
ライブスター証券(?)
参加予定
GMOクリック証券(?)
参加予定
DMM株(?)
参加予定

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

これは大丈夫でしょう!!

上記の通り、フルエントリーを決めました。

仮条件が上ブレして公募価格2,000円ぐらいになると勝手に予想しています 笑

公募割れの可能性はゼロに等しいと思うので強気にせめて大丈夫だと思いますよ。

10月第一弾にふさわしいIPOですね。

 

パワーソリューションズ(4450)のIPO初値予想

パワーソリューションズ(4450)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

-円 〜 -円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

パワーソリューションズ(4450)のIPO個人的評価

【総合評価】
28/35

【スタンス】
強気

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。