IPO投資

【IPO初値結果】リバーホールディングスは東証2部で厳しい上場か!? 業績頭打ちのリサイクル事業!!

ぶるぶる
ぶるぶる
リバーホールディングスのIPOが新規承認!! どんな銘柄なのかな〜??
メカニック
メカニック
リサイクル関連だね。でも残念ながら初値はあまり期待できないかな。

どうも、メカニックです!!

リバーホールディングス(5690)のIPOが新規承認されました。

2020/3/24に上場予定で事業内容は”資源リサイクル事業“です。

このページではリバーホールディングス(5690)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

マネックス証券

結論:リバーホールディングス(5690)は期待できない

時間がない人向けにリバーホールディングス(5690)のIPOについてさっとまとめます。

結論からいうと、初値は公募価格よりも高くなりそうです!!

ポイント
  • リサイクル関連事業
  • 想定価格は920円
  • 上場市場は東証2部
  • 吸収金額は約51.0億円
  • 業績は横ばいで黒字
  • ロックアップはがっちり
  • 2社同日上場
  • 主幹事は野村證券

リバーホールディングスは資源リサイクル事業を運営している企業です。

現在の売上は横ばいではありますが黒字経営。

3/24に東証2部に上場し、市場からの吸収金額は51.0億円を予定しています。

不人気の2部市場、かつ需給面での優位性もほとんどありませんので厳しい上場になりそうです。

公募が多いところは好感が持てますが、売上はすでに頭打ちとなっていて成長性が感じられません。

スケジュールも悪いため初値は厳しい結果になりそうです。

ただし主幹事は野村證券なので維持を見せる可能性があります。

とりあえず参加して購入するかどうかはあとで決断するというのもありかもしれませんね。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

リバーホールディングス(5690)のIPO詳細

銘柄リバーホールディングス株式会社
市場東証2部
上場日2020/3/24
コード5690
公募4,247,200株
売り出し575,600株
OA723,400株
想定価格920円
吸収金額約51.0億(想定価格ベース)
時価総額約157.6億円(想定価格ベース)
BB期間2020/3/05~3/11
価格決定日2020/3/12

リバーホールディングス(5690)ってどんな会社??

まずは今回新規承認された関通がどんな企業なのかを簡単に紹介していきます。

2007年に設立されましたが前身は1904年に創業した「鈴木徳五郎商店」です。

その後、法人化して営業所を拡大。

幾度の商号変更や合併などがあり、現在のリバーホールディングスという社名になりました。

従業員数は607名で提出会社の平均年間給与は約727万円となっています。

さて、そんなリバーホールディングスの事業内容ですがメインは資源リサイクル事業です。

事業系統図は下記の通り。

大きく分けると下記の5つに分類できます。

  • 金属リサイクル事業
  • 自動車リサイクル事業
  • 産業廃棄物処理事業
  • 家電リサイクル事業
  • その他事業

事業1:金属リサイクル事業

金属リサイクル事業は主力事業で。仕入れた金属スクラップを品物に応じてせん断、圧縮、破砕、選別し、金属原料として再資源化しています。

鉄スクラップは国内電炉メーカーやアジアを中心とした各地に輸出されリサイクル原料として利用されています。

事業2:自動車リサイクル事業

自動車リサイクル事業では様々な登録・許可を取得し、使用済自動車の処理を引取からパーツの販売や破砕までワンストップで行っています。

解体拠点を千葉県と埼玉県の2ヶ所。

主にディーラーから使用済み自動車を仕入れているようです。

事業3:産業廃棄物処理事業

産業廃棄物処理事業では収集運搬と中間処分の運営を行なっています。

取り扱っているのは、使用済の電子機器・OA機器等。

首都圏15ヶ所、関西1ヶ所、東海1ヶ所に営業所を構えています。

事業4:家電リサイクル事業

家電リサイクル事業では大手メーカーが共同出資して設立したリサイクルシステムの管理・ 運営会社との直接取引による対象家電製品のリサイクルを行っています。

事業5:その他事業

その他事業では小型家電リサイクル事業とエコソリューション事業を運営。

オフィス、店舗、工場、建設現場などから排出される産業廃棄物の適正なリサイクルに関する仲介サービスを提供中です。

販売実績

相手先をみるとエムエム建材、伊藤忠メタルズの2社です。

どちらも株主ですね。

リバーホールディングス(5690)のIPOスペック

続いてリバーホールディングス(5690)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は920円。

上場予定市場は東証2部で吸収金額は約51.0億円となっています。

リバーホールディングス(5690)のIPOにおけるマイナス要素

まずはマイナス要素からチェック。

市場は残念ながらパフォーマンスが悪い東証2部。

しかも吸収は51億円とそこそこの規模です。

この段階で初値高騰する可能性はほぼありません。

業種もリサイクル事業と地味ですし、業績も頭打ち感ががあります。

スケジュールも言わずもがなですし、公募価格近辺での初値形成が濃厚でしょうね。

リバーホールディングス(5690)のIPOにおけるプラス要素

正直、これといったプラス要素は見当たりません。

強いてあげるとすれば配当が見込めるところでしょうか。

一応、12期に関しては1株4円の配当を実施しました。

また、主幹事が野村證券ですので力技でなんとかするかもしれません 笑

ぶるぶる
ぶるぶる
東証2部でこのスペックじゃあそそられないな〜。
メカニック
メカニック
初値は期待できないね。。

 

リバーホールディングス(5690)のIPO仮条件

920円 〜 960円

※仮条件決定後に更新

 

リバーホールディングス(5690)のIPO公開価格

960円

※公開価格が決定次第更新します。

 

リバーホールディングス(5690)のIPO初値結果

720円

初値売りで2.4万円のマイナスでした。(-25.0%)

 

リバーホールディングス(5690)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてリバーホールディングス(5690)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事野村證券
-枚
-枚
1
幹事三菱UFJモルガンスタンレー証券
-枚
-枚
SMBC日興証券
-枚
-枚
みずほ証券
-枚
-枚
いちよし証券
-枚
-枚
大和証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚
委託幹事岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
auカブコム証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

リバーホールディングス(5690)の主幹事

ありがとうございます!!

主幹事は野村證券です。

今回ばかりはナイスでしょう。

お世辞にも当選しやすいとは言えませんが、野村證券が主幹事をつとめるIPOは公募割れが少ないという実績がありますよ。

今回も公募割れしないとは言えませんが、他の証券会社よりは安心感があります。

ちなみに人気がない場合は店頭中心の配分に切り替えることが多いです。

そうなると当選確率がガクッと下がってしまうのでそこだけは覚えておきましょう。

それにしても野村證券が主幹事をつとめる3月IPOは大型が微妙なスペックが多いですね 笑

良いのはフォースタートアップスぐらいかな。

野村證券の詳しいIPOルールは下記記事にまとめてありますので、知らない人は必ずこちらを一読してみてくださいね。

その他狙い目の証券会社

平幹事は大手証券が中心ですね。

狙い目としては上位幹事の三菱UFJモルガンスタンレー証券SMBC日興証券

そして100%抽選配分の楽天証券を含めた3社でしょう。

特に楽天証券は抽選倍率も教えてくれる貴重な証券会社です。

どのくらい人気だったのかがわかりますよ。

でもおそらく高くても数百倍と、あまり人気にはならないかなと思います。

また、auカブコム証券でも委託販売する可能性がありますのでこちらも忘れずにチェックしてくださいね。

ぶるぶる
ぶるぶる
SBI証券がいないからポイント貯められないね。。
メカニック
メカニック
スルーする人にはどうでもいいIPOかな。

 

リバーホールディングス(5690)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

リバーホールディングス(5690)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事野村證券
参加
幹事三菱UFJモルガンスタンレー証券
不参加
SMBC日興証券
参加
みずほ証券
不参加
いちよし証券
ネット申込不可
大和証券
不参加
楽天証券
不参加
委託幹事松井証券(?)
不参加
岡三オンライン証券(?)
不参加
GMOクリック証券(?)
不参加
ライブスター証券(?)
不参加
DMM株(?)
不参加
auカブコム証券(?)
不参加

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

上記の通り「THE 未定」としました。

東証2部でかつこの規模では強気にいくことはできません。

野村證券が主幹事だとしても公募割れの可能性も十分にあります。

ただし、地合いがよければなんとかなりそうな雰囲気もあるんですよね。

ひとまず申込をしてあとで購入するか考えるというのも良いと思いますよ。

 

リバーホールディングス(5690)のIPO初値予想

リバーホールディングス(5690)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

860円 〜 1,060円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

リバーホールディングス(5690)のIPO個人的評価

【総合評価】
19/35

【スタンス】
弱気

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【生の口コミ】SBIソーシャルレンディングに3年投資してわかったメリット7つ・デメリット3つSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。