当ブログ一押しキャンペーン!!

【先着1,000名】

9/30までFundsに口座開設で1,000円分のアマギフが貰えます!!

IPO投資

【IPO初値結果】ジーネクストは小型DX系マザーズで魅力的!? 上場日や主幹事構成、BBスタンス、時価総額まとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
ジーネクストのIPOが新規承認か。なんだかどんどん過密日程に。。
メカニック
メカニック
できれば分散して欲しいよね。

うも、メカニックです!!

ジーネクスト(4179)のIPOが新規承認されました。

2021/03/25に上場予定で事業内容は” 顧客対応ソフトウェア「Discoveriez」の開発及び提供“です。

このページではジーネクスト(4179)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:ジーネクスト(4179)のIPOは公募価格以上が濃厚!!

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
27/35

【スタンス】
強気

時間がない人向けにジーネクスト(4179)のIPOについてさっとまとめます。

結論からいうと、初値高騰する可能性が高いです。

ポイント
  • 顧客対応ソフトウェアの提供
  • 想定価格は1,130円
  • 上場市場はマザーズ
  • 上場日は3/25でベビーカレンダーと同日上場
  • 吸収金額は約7.2億円
  • 業績は好調だが赤字
  • 配当と株主優待はなし
  • ロックアップはかため
  • 主幹事はSMBC日興証券

ジーネクストは顧客対応ソフトウェアをクラウド中心に提供しています。

マザーズに上場で吸収金額が7.2億円。

小型規模なため需給面での優位性は高いです。

業績は好調ですが前期は赤字となっています。

スケジュールを見ると人気化しそうなベビーカレンダーと同日上場となっており、お世辞にも恵まれてるとはいえません。

ただスペックは申し分ないですし、ロックアップはかため。

地合いも良いため初値高騰が狙える銘柄です。

自分は抽選に参加します。

そして、主幹事は久しぶりのSMBC日興証券。

当選難易度は高い銘柄ですが、優遇抽選も含めてしっかりと攻略していきましょう。

ちなみに新規口座開設者は3ヶ月間優遇抽選を受けられますので、有利な条件で抽選を受けれます!!

この機会に開設して準備万端で望むようにしてくださいね。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

ジーネクスト(4179)のIPO詳細

銘柄 株式会社ジーネクスト
市場 マザーズ
上場日 2021/03/25
コード 4179
公募 350,000株
売り出し 206,500株
OA 83,400株
想定価格 1,130円
吸収金額 約7.2億(想定価格ベース)
時価総額 約46.1億円(想定価格ベース)
BB期間 2021/3/10~3/16
価格決定日 2021/3/17

ジーネクスト(4179)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたジーネクストがどんな企業なのかを簡単に紹介していきます。

2001年に有限会社ジーネクストを設立。

2005年に株式会社化し、2008円にはベトナムに子会社を設立し、海外展開しました。

外部からの資金調達も得ながら約20年ほどでIPOまで漕ぎつけています。

従業員数は41名で提出会社の平均年間給与は約595万円です。

事業系統図は下記の通りになります。

主な事業は顧客対応ソフトウェア「Discoveries(ディスカバリーズ)」の提供になります。

クラウド型を採用しており、社内の各部署との共有、対応処理の承認や記録、VOCの集計などをシームレスに管理する事が可能です。

プログラミング不要かつ、初心者でも扱いやすいUI/UXを採用しています。

マネタイズは導入料+ライセンス利用料で、導入企業が増えれば売上も増加するというストック型です。

ただし現在は導入料であるフロー売上が83%ほどを占めています。

また、クラウド型だけでなくオンプレミス型の顧客対応窓口向けサービスも提供しています。

相手先と販売実績

メインの取引先は4社いますが依存率は年々低下しています。

現在は最も高い企業でポーターズの3.4%。

売上の偏りはなく分散できている点は好印象です。

ジーネクスト(4179)のIPOスペック

続いてジーネクスト(4179)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,130円。

上場予定市場はマザーズで吸収金額は約7.2億円となっています。

ジーネクスト(4179)のIPOにおけるマイナス要素

気になる店はスケジュールとロックアップの2点です。

まずスケジュールは3月でも3本の指に入る人気銘柄ベビーカレンダーと同日上場かつ過密日程。

注目度という面ではどうしてもベビーカレンダーに軍配があがります。

そしてロックアップはかためですが1.5倍で解除される株主がいるのは多少気になるところ。

上場後に爆弾が降ってくる可能性がありますのでセカンダリーは要注意ですね。

ジーネクスト(4179)のIPOにおけるプラス要素

まず大きなプラス要素としては需給です。

マザーズで7億円ならば心配無用。

重たさは感じませんので売り方優勢となります。

現在の地合いも考慮すればこの時点で公募割れの可能性は極めて低いです。

そして業種もクラウド型かつDX関連とホットな分野になります。

業績は赤字ではありますが売上はしっかりと伸びているので、投資家から一定の評価は得られるはず。

ハイスペックと言っていいと思います。

ぶるぶる
ぶるぶる
ロックアップは気になるけどクラウド型小型マザーズで鉄板かな!?
メカニック
メカニック
今の地合いを考えたら全く問題ないね。

 

ジーネクスト(4179)のIPO仮条件

1,130円 〜 1,230円

想定価格は1,130円でしたので強気の仮条件に決定。

これにより吸収金額は最大7.9億円となりました。

 

ジーネクスト(4179)のIPO公開価格

1,230円

※公開価格が決定次第更新します。

 

ジーネクスト(4179)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてジーネクスト(4179)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 SMBC日興証券
4,792枚
480枚
1
幹事 大和証券
222枚
56枚
3
みずほ証券
166枚
17枚
5
マネックス証券
111枚
111枚
2
いちよし証券
55枚
0枚
丸三証券
55枚
6枚
7
岩井コスモ証券
55枚
6枚
6
水戸証券
55枚
0枚
極東証券
27枚
0枚
松井証券
27枚
19枚
4
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
SBIネオトレード証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
コネクト(?)
-枚
-枚
目論見書に記載後に更新

ジーネクスト(4179)の主幹事

主幹事はSMBC日興証券です。

2021年はQDレーザに続いて2社目とまだまだエンジンがかかりきっていない印象を受けます。

大和証券がIPOルールを改悪しましたし、個人的にはこれから頑張って欲しいところではあります。

そしてSMBC日興証券といえば忘れてはいけないのが優遇抽選システム。

2月は株主優待が豊富なため、つなぎ売りで利用すれば金額次第で3月は優遇抽選が受けられる可能性が高いです。

さらに、新規口座開設すると無条件で3ヶ月間はブロンズステージが適用されます。

口座未保有の方は簡単に優遇抽選を受けれるチャンスですよ。

IPOルールをさらに詳しく知りたい人は下記記事にまとめていますのでこちらもどうぞ!!

その他狙い目の証券会社

平幹事は合計9社とやや多め。

資金が少ない人は大和証券マネックス証券松井証券を優先的に申し込むようにしてください。

あとは資金に余裕があれば申し込みするという形がベストだと思います。

また後期型の岩井コスモ証券をうまく使えば資金を節約できるのでこちらもうまく利用していきましょう。

久しぶりにSBI証券がないのでポイントがゲットできないのはちょっと残念ですね。

岩井コスモ証券を今すぐチェック

ぶるぶる
ぶるぶる
SMBC日興証券かぁ!! 久しぶりに優遇当選したいなぁ。
メカニック
メカニック
人生で一度はプラチナステージでIPOに挑戦したい!!

 

ジーネクスト(4179)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

ジーネクスト(4179)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 SMBC日興証券
参加
幹事 大和証券
参加
みずほ証券
参加
マネックス証券
参加
いちよし証券
参加
丸三証券
参加
岩井コスモ証券
ネット申込不可
水戸証券
ネット申込不可
極東証券
ネット申込不可
松井証券
参加
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
参加予定
楽天証券(?)
参加
GMOクリック証券(?)
参加予定
SBIネオトレード証券(?)
参加予定
DMM株(?)
参加予定
コネクト(?)
参加予定
承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

クラウド系、小型、マザーズ、成長性ありとプラス面が多いです。

これで公募割れということは流石に考えられません。

もちろんフルエントリーで挑ませていただきます。

最低でも公募比2倍は狙える銘柄だと思いますよ。

 

ジーネクスト(4179)のIPO初値予想

ジーネクスト(4179)ジーネクスト(4179)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,700円 〜 3,300円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

3,300円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


初値結果

2,851円
初値売りで16.21万円の利益でした。(131.8%)
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック