当ブログ一押しキャンペーン!!

【先着1,000名】

9/30までFundsに口座開設で1,000円分のアマギフが貰えます!!

IPO投資

【IPO初値結果】i-plug(アイプラグ)は普通にハイスペ!! 主幹事構成やBBスタンス、時価総額まとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
i-plugが新規承認!! 聞いたことない企業だけどどうなの??
メカニック
メカニック
スペックはそこそこ優秀だよ。

うも、メカニックです!!

i-plug(4177)のIPOが新規承認されました。

2021/3/18に上場予定で事業内容は”新卒ダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox」の運営“です。

このページではi-plug(アイプラグ)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:i-plug(4177)のIPOは初値高騰か!?

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
27/35

【スタンス】
強気

時間がない人向けにi-plug(4177)のIPOについて要点をピックアップしてまとめました。

結論からいうと、初値はプラスリターンが狙えそうです

ポイント
  • 新卒のダイレクトリクルーティングサービス
  • 想定価格は2,470円
  • 上場市場はマザーズを予定
  • 3/18に単独上場
  • ほぼ売出のみ
  • 吸収金額は約14.5億円
  • 売上は好調だが前期は赤字
  • VCのロックアップはやや緩め
  • 主幹事はみずほ証券

新卒向けのダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox」を運営。

売上は右肩上がりで伸びてはいますが純利益は波があり、前期は赤字となっています。

上場市場はマザーズで吸収金額14.5億円と小型〜中型サイズとなり需給は有利です。

株主のVCのロックアップが公募価格の1.5倍で解除されるやや緩めの設定。

ただし地合いが良く、スケジュールも悪くはないため、このスペックならば十分プラスリターンが狙えると思います。

今のところは参加方向で考え中です。

主幹事は大和証券がつとめ、平幹事にはSBI証券マネックス証券松井証券とネット証券も名を連ねます。

また、大和証券が主幹事ということでコネクトでも委託販売する可能性が高いので、当選を目指すならこの5社を中心に申込しましょう。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

ちなみに当ブログではタイアップキャンペーンも実施しており、投資家登録でAmazonギフト券1,000円相当が貰えます。(ファンディーノのキャンペーンと併用可能)

さらに、自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

i-plug(4177)のIPO詳細

銘柄 株式会社i-plug
市場 マザーズ
上場日 2021/03/18
コード 4177
公募 270,000株
売り出し 241,600株
OA 76,700株
想定平均価格 2,470円
吸収金額 約14.5億(想定価格ベース)
時価総額 約92.2億円(想定価格ベース)
BB期間 2021/3/3~3/9
価格決定日 2021/3/10

i-plug(4177)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたi-plugがどんな企業なのか簡単に紹介しますね。

設立は2012年に兵庫県で設立されました。

大阪に本社を移し、名古屋、東京にオフィスを設立。

VCなど外部から資金調達をしながら約8年でのイグジットとなりました。

現在の従業員数はグループ合計166名、提出会社の平均年間給与は約521万円となっています。

そんなi-plugの主な事業はHRプラットフォーム事業です。

事業系統図は下記の通り。

メイン事業は新卒のダイレクトリクルーティングサービスである「OfferBox」です。

簡単に言えば企業が気になる学生にオファーを出し、学生側が承認すると面接ができるといったシステムですかね。

ビッグデータを利用して高密度なマッチングを提供しています。

利用料金は成功報酬型と早期定額型という二つのプランを採用。

成功報酬型ならば割高な料金となりますが。もし学生が内定を辞退した場合は料金が返金されます。

一方、早期定額型は契約時に料金を支払う必要がありますがディスカウントされた料金となっています。

学生登録人数、企業登録数は右肩上がりでのびており、学生に至っては15万人に迫る勢いです。

就活生の3人に1人が利用しています。

i-plug(4177)のIPOスペック

続いてi-plug(4177)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は2,470円。

上場予定市場はマザーズを見込んでおり、吸収金額は約14.5億円となっています。

i-plug(4177)のIPOにおけるマイナス要素

はじめにマイナス要素からピックアップしていきますが、個人的に気になる点はありません。

唯一残念なのは一部株主のロックアップが公募価格の1.5倍で解除されるところでしょうか。

4,000円前後から売り圧力が強くなる可能性があります。

i-plug(4177)のIPOにおけるプラス要素

次にプラス要素ですがまずはなんといっても需給でしょう。

吸収金額が14.5億円でマザーズに上場ならば規模感は全く問題ありません。

今は地合いも良いですしおそらくこの時点で初値高騰が見込めます。

さらに業種も目新しさはないですがビッグデータやAIを利用したダイレクトリクルーティングサービスということで地味さは感じません。

売上も順調に伸びていますから成長性もしっかりと感じられます。

スケジュールも3月ではありますがそこまで過密間がないのでこちらも問題はないでしょう。

プラスリターンが狙えるスペックだと思います。

ぶるぶる
ぶるぶる
想定価格も高めだからそこそこのリターンが狙えそうな銘柄だね。
メカニック
メカニック
コロナの影響をそこまで感じさせないしまだまだ伸びていきそう。IPOとしては文句なしかな。

 

i-plug(4177)のIPO仮条件

2,470円 〜 2,620円

150円上ブレの強気設定となりました。

これにより吸収金額は最大15.4億円です。

 

i-plug(4177)のIPO公開価格

2,620円

※公開価格決定後に更新

 

i-plug(4177)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてi-plug(4177)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 大和証券
-枚
-枚
1
幹事 みずほ証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
岡三証券
-枚
-枚
いちよし証券
-枚
-枚
マネックス証券
-枚
-枚
松井証券
-枚
-枚
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
SBIネオトレード証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
コネクト(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

i-plug(4177)の主幹事

主幹事はまたまた大和証券です。

3月は目玉になりそうなココナラでも主幹事をつとめますからこのところ絶好調ですね。

大手証券の中では抽選割合が最大25%と最も高く、ネット組に一番優しい証券会社といっても過言ではありません。

当選枚数は少ないですがワンチャンは十分にあると思います。

自分は先日2月IPOのアクシージアが家族全員大和証券で当選するという奇跡がおきましたのでこのi-plugでもこの勢いのまま当選を目指しますよ♪

ちなみに大和証券のIPOルールは下記記事で丁寧にまとめています。

知らない人はしっかりと勉強しておくようにしてください。

その他狙い目の証券会社

今回は平幹事もネット組が多くいるので申し込みする価値がありそうです。

特にSBI証券マネックス証券松井証券はマストですね。

そして大和証券が主幹事ですからコネクトでも委託販売する可能性が高いです。

最近はコネクトでも当選報告が多いので委託販売だからと甘く見ない方がいいと思います。

個人的な当選期待度は主幹事なみです!!

コネクトのIPOルールは下記でまとめていますのでこちらを一読してみてくださいませ。

ぶるぶる
ぶるぶる
大和証券が主幹事ならあきらめるわけにはいかない!!
メカニック
メカニック
ここら辺でチャンス当選を最後に引いておきたいよね。

 

i-plug(4177)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

i-plug(4177)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 大和証券
選外
幹事 みずほ証券
落選
SBI証券
落選
岡三証券
落選
いちよし証券
申し込まず
マネックス証券
落選
松井証券
落選
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
楽天証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
SBIネオトレード証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし
コネクト(?)
落選

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

上記の通りフルエントリーさせていただきます。

ココナラほどのピカピカ感は感じませんが、死角のない優秀なスペックです。

ロックアップが唯一残念なところぐらい。

想定価格が高めですから当選できれば20万円以上の利益は余裕で確保できると思います。

今の地合いが続けば初値高騰はまず間違いないと思うので強気参加でオッケーでhそう!!

 

i-plug(4177)のIPO初値予想と初値結果

i-plug(4177)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

5,000円 ~ 7,500円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

7,500円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


初値結果

6,000円
初値売りで33.8万円の利益でした。(+129.0%)
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック