当ブログ一押しキャンペーン!!

【限定タイアップ】

ファンディーノへの投資家登録で…

1,000円分のAmazonギフト券が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値予想】ウイングアーク1stは3月の公募割れ候補No.1!! 見送ることにした理由とは??

ぶるぶる
ぶるぶる
ウイングアーク1stのIPOはスルーでいいよね??
メカニック
メカニック
安全に行くならそれが正解だと思う。。

どうも、メカニックです。

ウイングアーク1st(4432)の仮条件が決まりましたので、いつも通り初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめ済み。

上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいね。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:ウイングアーク1st(4432)は公募価格以上を狙える!!

時間がない人向けにこの記事の内容をサッとまとめました!!

【仮条件】 1,440円 〜 1,590円
【初値予想 】 1,450円 〜 1,750円
【スタンス 】 SBI証券のみ参加
【狙い目】 野村證券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券

想定価格は1,490円、仮条件は強気設定となりました。

要点まとめ
  • 東証1部に単独上場
  • 吸収金額は中型
  • クラウド系で人気業種
  • 再上場案件で換金色が強め
  • 3度目の新規承認
  • hchと同日上場
  • 業績は好調
  • 直近IPOの地合いは良好
  • ロックアップは問題なし

上場するのは東証1部で決定しています。

規模的にはそこまで大きくなく、業種は人気のクラウド関連です。

しかし再上場案件かつ売出のみと、IPO的には最も嫌われる内容。

最近は地合いが良いですが再上場案件に関しては公募割れなど厳しい評価が続いています。

今回も同じ結果になる可能性があるため、自分はSBI証券からのみの参加としました。

当選を目指すならば主幹事の野村證券と三菱UFJモルガンスタンレー証券を最優先に、大和証券楽天証券からも申込みしましょう。

そして、IPO投資を始めたばかりの人は当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめました。

IPOに申し込みする前に是非チェックしてみてください。

裏技やコツは? IPOの当選確率を劇的にアップさせる7つの方法IPO投資をなかなか当たりません。しかし当選確率をアップさせる方法やコツは存在します。今回はIPO歴7年の管理人が7つの方法を徹底解説。裏技ではありませんがしっかりと実践しましょう。...

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)も注目されていますよ。

10万円前後からエンジェル投資家になれます!!

もし出資した企業がIPOしたら10倍以上のリターンも夢ではありません。

当ブログではタイアップキャンペーンも実施しており、当ブログからの口座開設で1,000円相当のアマギフが貰えます

もちろんFUNDINNOが行なっている通常キャンペーンとも併用可能!!

公式サイトよりも当ブログから口座開設した方がお得ですよ♪

 

ウイングアーク1st(4432)のIPO仮条件

ではここからは自分の考えを織り交ぜながらゆっくりとチェックしていきますね。

まずはウイングアーク1st(4432)の仮条件からみていきます。

承認時の想定価格が1,490円。

仮条件はこのように決まりました。

【仮条件】

1,440円 〜 1,590円

ほ~、そう来ましたか。

下限は50円の下ブレ、上限は100円の上ブレです。

強気設定ではありますが、下ブレさせているあたり投資家に判断を委ねている形でしょうかね。

こうなると公募価格は上限で決まらない可能性もあります。

ちょっと不穏な空気になってきました。

 

ウイングアーク1st(4432)のIPO直感的初値予想

続いて本題であるウイングアーク1st(4432)のIPO直感的初値予想をしていきます。

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります。

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってくださいませ。

1,450円 〜 1,750円

(公募比約0.9倍〜公募比1.1倍)

公募価格の初値予想としました。

ウイングアーク1st(4432)のIPOスペック考察

それではウイングアーク1st(4432)のスペックをもう一度確認していきましょう。

初値に影響を与える”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

まず、上場市場は東証1部。

吸収金額は仮条件が上ブレしましたで最大194.5億円となりました。

想定価格ベースでは182.2億円でしたので12.3億円のサイズアップです。

ウイングアーク1st(4432)のIPOにおけるブル要素

始めに初値に好影響を与えてくれそうなブル要素から再チェックしていきます。

まずはなんといっても業種です。

クラウド関連はIPOでは鉄板で、かつ業績も好調。

またロックアップも堅めに設定されています。

直近IPOの地合いもいいのでマイナス面がなければ普通にプラスリターンが狙える銘柄でしたね。。

ウイングアーク1st(4432)のIPOにおけるベア要素

プラス要素があるもののそれをかき消すほどのマイナス要素が存在します。

まずは再上場かつファンドの売り抜け案件という所ですね。

これはIPOにとってとにかく大きなマイナス要素で、2020年に再上場した雪国まいたけやローランドなどはもれなく公募割れとなりました。

この時も地合いが良かったにもかかわらず最悪の結果になっています。

さらにスケジュールも過密気味。

閑散期の単独上場だったら面白かったと思うのですが、状況やスペックを見る限り、 厳しい上場になりそうです。

ぶるぶる
ぶるぶる
再上場案件ほど怖いものはないね。しかもIPOが2回延期されてるしなんか嫌な雰囲気
メカニック
メカニック
プラスにはなるかもだけど積極的にはいけないスペック。

ウイングアーク1st(4432)のIPO業績

【売上げ】

【純利益】

現在は5期目に入っています。

前期は売上186.7億円、純利益は40.7億円。

すでに黒字化しており、売上も増加しています。

成長性も感じるためこれは評価される業績でしょう!!

ウイングアーク1st(4432)のIPO初値予想アンケート途中結果


初値予想アンケートの途中結果も簡単にご紹介。

結果を見る場合は左下にある “View Results” をクリック、または投票していただいても結果が表示されます。

ご協力くださいますと幸いです。

ちなみにこの記事を書いている時点での1番人気は公募割れ

2位も公募価格同値となっており、この二つで90%以上を占めています。

どうやらほとんどの人が期待していないのが現状のようです。。

 

ウイングアーク1st(4432)のIPOが当選しやすい証券会社は??

続いて、ウイングアーク1st(4432)が当選しやすい証券会社を紹介していきます。

IPOの各社割当枚数は下記の通りです。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 野村證券
-枚
-枚
三菱UFJモルガンスタンレー証券
-枚
-枚
モルガン・スタンレーMUFG証券
-枚
-枚
幹事 みずほ証券
-枚
-枚
SMBC日興証券
-枚
-枚
大和証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
SBIネオトレード証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
auカブコム証券
-枚
-枚
コネクト(?)
-枚
-枚

※目論見書に記載後に更新。割当枚数が表示されている場合は目論見書に記載されている数字を元に算出したものです。実際の配分枚数は上記よりも少なくなる可能性があります。

1番当選しやすいのは野村證券

ウイングアーク1stに当選したいなら主幹事の野村證券、そして三菱UFJモルガン・スタンレー証券の2社を最優先に申し込みしてください。

今回は規模が大きめですが海外販売、そしてサーバーワークスへの親引けが決まっています。

よって意外と当選が困難になるかもしれません。

とはいえ小型のIPOと比較すると当選確率はかなり高めなのでネットからの参加でも十分に当選の期待が持てます。

個人的には野村證券よりも三菱UFJモルガン・スタンレー証券の方が期待できるかなと。

もちろん2社から参加するのがベストなので当選を目指す人は必ず参加しましょう。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は当選後にキャンセルすると1ヶ月IPOに申し込めないというペナルティがあるのでそこだけは注意してくださいませ。

詳細なIPOルール、優遇抽選について詳しく知りたい人は下記記事をチェックしてくださいませ。

その他狙い目の証券会社

平幹事もネット組に不利な構成ではありません。

狙い目は大和証券SBI証券楽天証券の3社。

そして委託販売が確定しているauカブコム証券です。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事の場合はいつも以上に期待できますので、auカブコム証券が穴場になるような気がしています。

ぶるぶる
ぶるぶる
当選はできるかもしれないけど素直に喜べないからなぁ。
メカニック
メカニック
攻めたいような攻めたくないような。。

 

ウイングアーク1st(4432)のIPO最終BBスタンス

最後にウイングアーク1st(4432)における最終的なBBスタンスを紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 野村證券
不参加
三菱UFJモルガンスタンレー証券
不参加
モルガン・スタンレーMUFG証券
ネット申込不可
幹事 みずほ証券
不参加
SMBC日興証券
不参加
大和証券
不参加
SBI証券
落選
楽天証券
不参加
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
不参加
GMOクリック証券(?)
不参加
SBIネオトレード証券(?)
不参加
松井証券(?)
不参加
auカブコム証券
不参加
コネクト(?)
不参加

承認時は不参加としていましたが、そのまま変更なしで最終決定しました!!

SBI証券のみの参加とします。

ただ、主幹事の野村證券は当選後にキャンセルしてもペナルティはありません。

なのでとりあえず参加しておくという作戦もありです。

地合いを見て購入するかキャンセルするか決めれますからね。

どちらにしてもリスクがあるIPOです。

しっかりと考えてからBBスタンスを決めるようにしてください!!

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック