岡三オンライン証券でカチタス、ヴィスコテクノロジーズ、ハナツアージャパン、森六ホールディングス、プレミアグループ、カチタス、みらいワークス、ミダック、オプトランの委託販売が確定!!

資金不要でIPO抽選に参加可能できます。

しかも今なら口座開設+5万円以上入金で…

現金5,000円 + 株主優待本をプレゼント!!

12月31日までなのでお見逃しなくっ!!

要興業(6566)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ

要興業(6566)のIPOが新規承認されました。

2017/12/25に上場予定で事業内容は”一般・産業廃棄物の収集運搬・中間処理・リサイクル事業”です。

このページでは要興業(6566)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきます。

スポンサーリンク

要興業(6566)のIPO詳細

銘柄 株式会社要興業
市場2部
上場日12/25
コード6566
公募(新株発行)1,000,000株
公募(自己株処分)1,000,000株
売り出し2,476,300株
OA671,400株
想定価格700円
吸収金額約36.0億(想定価格ベース)
時価総額
約106.4億(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間2017/12/07~12/13
公開価格決定日2017/12/14

要興業(6566)ってどんな会社??

要工業は産業廃棄物の収集や運搬、処理、さらにはリサイクルを行っている会社です。

規模はこの要工業の方が大きいですが、12月IPOのミダックとほぼ同じ業種になりますね。

目論見書を見ても内容は非常に似ている部分が多いな~と感じました。

ミダックは東海が中心ではありますが、要工業は東京23区が中心になります。

どうやら東京23区のごみはこの要工業が運搬しているみたいですよ(^ ^)

東京にお住いの方は知らないうちに要工業のお世話になっているにことになりますね。

ちなみに家庭からでた個人の粗大ゴミなどもホームページから処理依頼できるみたいです。

個人でも気軽に申し込みできるというのは助かる人も多いかもしれません♪

また、どうでもいい話ではあるんですが日本において要工業という名前の会社はたくさんあるみたいです(^^;;

情報をゲットしようと検索をかけたら、いろんな要工業がでてきました 笑

要興業(6566)IPOスペック

要工業のIPOスペックですが東証2部に上場で吸収金額は約ジャスダックに上場予定で吸収金額は約36億円

東証2部の中ではそこまで大きな規模ではありませんが、もう東証2部という時点でテンションはあがりませんね。

東証2部は初値高騰しにくい市場ですので、残念ながら旨味は少ないIPOになると思います。

業種も一応エコ関連というテーマ性はあるのですが、初値に影響を与えるほどのインパクトではありません。

正直なところ、申込したくなってしまうようなプラス要素は見つけられませんでした。

配当も出してはいますが、配当性向はいまのところ5%台とちょっと低すぎです。

ABホテルと同日上場で資金分散も起こってしまいますし、これは公募割れも視野に入れなくてはいけないIPOだと思います(^_^;)

う~ん、マイナス要素が多くていまいち魅力が感じられない。。

メカニック
公募で取得して利益を出すというよりは長期保有向けの銘柄だと思います。ちなみに業績は緩やかに伸びていはいます。

要興業(6566)のIPO仮条件

-円 〜 -円

※仮条件決定後に更新

要興業(6566)のIPO公開価格

-円

※公開価格決定後に更新

要興業(6566)のIPO割当枚数

続いて要興業(6566)の幹事団と各社における割当枚数の紹介です。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事野村證券
38,498枚
3,464枚
1
幹事三菱UFJモルガンスタンレー証券
1,790枚
179枚
3
みずほ証券
1,790枚
179枚
3
SMBC日興証券
1,790枚
179枚
3
SBI証券
895枚
403枚
2
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-
楽天証券(?)
-枚
-枚
-
安藤証券(?)
-枚
-枚
-
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
-
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
-
松井証券(?)
-枚
-枚
-
カブドットコム証券
-枚
-枚
-
目論見書に記載後に更新

幹事団は大手証券+SBI証券というスタンダードな構成でした。

マイナーな証券会社もいませんので、いつものメンバーといったかんじでしょうかね。

特別ピックアップする証券会社もなさそうです(^ ^)

当選を狙う場合はやはり主幹事である野村證券が最も狙い目になりますのでここは最優先で押さえておいてください。

野村證券はなかなかネットから当選できませんが、資金不要で申し込みできますからこちらに資金拘束などのデメリットはありません。

参加しておくのが吉ですよ。

その他、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券からの申し込みもマストです!!

また、各証券会社へ口座開設完了するまでの日数を下記にまとめました。

証券会社最短開設日数
カブドットコム証券即日(1営業日)
マネックス証券2営業日
野村證券3営業日
大和証券3営業日
SBI証券3営業日
松井証券3営業日
GMOクリック証券3営業日
楽天証券3営業日
東海東京証券5営業日
SMBC日興証券5営業日
エイチエス証券5営業日
丸三証券6営業日
みずほ証券7営業日
岡三オンライン証券1週間
むさし証券約1週間
SMBCフレンド証券10日前後
いちよし証券10営業日
三菱UFJMS証券10日未満
岩井コスモ証券2週間
安藤証券2週間~3週間
岡三証券2週間~3週間

まだお持ちでない口座がありましたら、早めに用意しておくようにしてくださいませm(_ _)m

メカニック
枚数はそこそこありますが、大手証券ばかりなので当選するのは意外と難しいかもしれません。また野村證券では2枚1セットになる可能性もあります!!

要興業(6566)のBBスタンスと抽選結果

 
証券会社
抽選結果
主幹事野村證券
不参加
幹事三菱UFJモルガンスタンレー証券
不参加
みずほ証券
不参加
SMBC日興証券
不参加
SBI証券
参加
委託岡三オンライン証券(?)
不参加
楽天証券(?)
不参加
安藤証券(?)
不参加
ライブスター証券(?)
不参加
GMOクリック証券(?)
不参加
松井証券(?)
不参加
カブドットコム証券(?)
不参加
※承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

承認時の参加スタンスとしては一応”未定”としておきました。

要工業の申し込み期間は12/13日までとなっており、微妙なIPOであるカチタスなどの結果をみてから判断できますので、個人的には仮条件と12月前半のIPO結果をみてからスタンスを決めるつもりです。

できれば、マツオカコーポレーションやアルヒの初値結果も見れればさらにいいデータが取れたんですけどね。

まぁこれはしょうがないです(^_^;)

とりあえず要工業は公募価格前後での初値形成が濃厚な上級者向けのIPOとなります。

当選できても軽いやけどを負ってしまう可能性がありますので、十分注意するようにしてください。

メカニック
プラス要素は小型規模ぐらいで、あとは魅力的なポイントはありません。今後株主優待が新設される可能性があるので希望はそのくらいでしょうか。

要興業(6566)のIPO初値予想

要興業(6566)のIPOにおける初値予想になります

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です^ ^

【仮条件決定後の直感的初値予想】

-円 〜 -円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします

要興業(6566)のIPO個人的評価

 

【総合評価】

14/30

【スタンス】

やや弱気

(市場)
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

(吸収金額)
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

(業種)
5点=オンリーワン 4点=ネット系 3点=特殊 2点=普通 1点=不人気

(公募売出比)
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

(業績)
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

(地合い)
5点=イケイケ 4点=いい流れ 3点=普通 2点=雰囲気悪い 1点=最悪

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが一番のデメリットはなかなか当選できないことです 

 

当選できなければ利益は0円。資産は一向に増えていきません。

 

そんなリスクを避けるために自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれています!!

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!!

 

  非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)  

 

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

 

    

 

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。  

 

今のところ貸し倒れは0件で、投資した人は全員利益を出すことができています。

 

しかも現在は新規口座開設キャンペーンを実施中で…   最大20,500円相当のSBIポイントをゲット可能!!   

 

 

新規口座開設 + メルマガ登録で500円相当。  

 

さらにその中から1/10の確率で10,000ポイントが当たります。  

 

その上、さらに50万円以上投資した人の中からも1/10で10,000ポイントが当たるんです。

 

 もし、全部当選した場合は20,500ポイントゲットできますよ♪  

 

IPOよりも当選しやすいと思いますので、IPOに当選できずに利益を出せていない人は是非このキャンペーンを利用してソーシャルレンディングを始めてみてはいかがでしょうか??  

 

先着10,000名限定のキャンペーンなので、なるべく早く参加してくださいね。  

 

本日を入れて残り9日しかありませんのでお見逃しなくっ!!(12月20日まで)

 

SBIソーシャルレンディングのキャンペーンを確認する

スポンサーリンク