IPO投資

【IPO中止】SANEIは承認取消もありえる!? 成長が期待できない超絶ロースペックの東証2部銘柄!!

コロナの影響で上場が中止されました。

ぶるぶる
ぶるぶる
4月のIPOまだ出てくるの!? 承認取り消しにならなきゃいいけど。
メカニック
メカニック
この地合いでなぜ上場するのかちょっとわからない。。

うも、メカニックです!!

SANEI(6230)のIPOが新規承認されました。

2020/04/24に上場予定で事業内容は”給排水器具等の製造販売“です。

このページではSANEI(6230)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

マネックス証券

結論:SANEI(6230)のIPOは公募割れかも

時間がない人向けにSANEI(6230)のIPOについてさっとまとめます。

結論からいうと、公募割れになるかもしれません。

ポイント
  • 給排水器具等の製造販売
  • 想定価格は2,200円
  • 上場市場は不人気の東証2部
  • 上場日は4/24で2社同一上場
  • 吸収金額は約11.6億円
  • 業績は黒字運営
  • 配当性向は約11.2%の実績
  • ロックアップは完璧
  • 主幹事は大和証券

SANEIは給排水器具等の製造販売している企業です。

業績は黒字ではありますが売上の伸びは悪く、成長性は感じません。

それもあってか上場を予定しているのは東証2部で、上場日は4/24。

残念ながらさくらさくプラスと同日上場です。

吸収金額は11.6億円と需給面での優位性は高いですが、業種に目新しさがないので人気化するのは困難。

さらにコロナショックの影響でIPOの初値は軟調な結果が続いていますから、SANEIも厳しい結果になると思います。

参加するかどうかは慎重に検討しましょう。

もし、参加を決めて当選を目指すなら主幹事の大和証券が狙い目です。

抽選割合が15%と大手証券の中ではトップクラスの数字なのでネットからの申込でも当選できる可能性が高いですよ。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

SANEI(6230)のIPO詳細

銘柄SANEI株式会社
市場東証2部
上場日2020/04/24
コード6230
公募260,000株
売り出し200,000株
OA69,000株
想定価格2,200円
吸収金額約11.6億(想定価格ベース)
時価総額約48.8億円(想定価格ベース)
BB期間2020/4/09~4/15
価格決定日2020/04/16

SANEI(6230)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたSANEIがどんな企業なのかを簡単に紹介していきます。

設立されたのは1954年三栄水栓製作所を創立したのが始まりです。

1958年に水栓、シャワー等の組み立て作業を開始して、1960年に株式会社化。

その後、各地に工場と営業所を続々と開設させていき、2018年の4月に現在の社名に変更となりました。

グループの従業員数は757名で提出会社の平均年間給与は約408万円です。

そんなSANEIが手がけているのは水回りの製品を製造・販売しています。

事業系統図は下記の通りになります。

水回りの製品と言われてもピンとこない人もいると思いますが、具体的にはキッチンやお風呂場などの水栓です。

どんな製品があるのかチェックしてみたところ予想以上におしゃれなプロダクトが多くてびっくり!!

デザイナーにも協力してもらいながらハイセンスな高級グレードを中心としたプロダクトを生み出しているようです。

個人的にはtoccataの近未来的なデザインはかなり好きですね。

普通に買い換えたい 笑

SANEI(6230)のIPOスペック

続いてSANEI(6230)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は2,200円。

上場予定市場は東証2部で吸収金額は約11.6億円となっています。

SANEI(6230)のIPOにおけるマイナス要素

マイナス要素は色々ありますが、まず上場市場が残念です。

東証2部はIPOでは不人気で初値パフォーマンスが悪い傾向にあります。

さらに業種も水回り製品の製造販売とかなり地味。

市場が拡大している分野ではないので高い成長率は期待できそうもありません。

その上、今はコロナショックで世界的な株安が起こっています。

IPOも公募割れが続いていますので、上場日までに回復しなければSANEIにとっても厳しい結果が待っていそうです。

SANEI(6230)のIPOにおけるプラス要素

吸収金額が11億円というのは市場を考えるとそこそこ需給面での優位性は高いです。

ロックアップもしっかりとかかっていますし、配当も実施済みなのは嬉しいところでしょう。

ただ、プラス要素はそのくらいでどちらかといえばマイナス要素の方が強い印象を受けます。

ぶるぶる
ぶるぶる
東証2部の上に地味業種か〜。これは。。
メカニック
メカニック
ロースペックな上にこの地合いじゃあ初値は期待できそうもないね。

 

SANEI(6230)のIPO仮条件

-円 〜 -円

※仮条件決定後に更新

 

SANEI(6230)のIPO公開価格

-円

※公開価格が決定次第更新します。

 

SANEI(6230)のIPO初値結果

-円

※上場後に更新

 

SANEI(6230)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてSANEI(6230)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事大和証券
-枚
-枚
1
幹事野村證券
-枚
-枚
三菱UFJモルガンスタンレー証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
SMBC日興証券
-枚
-枚
委託幹事岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
auカブコム証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

SANEI(6230)の主幹事

SANEIの主幹事は大和証券です。

このところ主幹事数が減っており、ライバルの野村證券に大きく差をつけられています。

IPO投資家にとっては大和証券の方が当選しやすいので、ここからさらに頑張って欲しいところ。。

ちなみに当選しやすい理由は下記の二つの特徴があるからです。

  • 抽選割合が15%と高い
  • チャンス当選もある

他社では10%が多いですが、なんと大和証券は15%!!

他と比較しても1.5倍ほど高い抽選割合となっています。

しかもチャンス当選という敗者復活制度まであるんです。

この2つがあることで大和証券の主幹事銘柄は毎回当選者が多くなります。

ただ、大和証券はIPOルールが少し複雑。

理解していない人は下記記事をチェックしてしっかりと勉強しましょう!!

その他狙い目の証券会社

平幹事は大手証券を中心とした構成ですね。

狙い目はやはりネット証券のSBI証券でしょう。

おそらく今回は申込をしない人も多くいると思いますが、SBI証券は落選するとIPOチャレンジポイントがもらえます。

このポイントは1P = 1,000円相当の価値があるので貯めていけば貯めて行くほど期待値を稼ぐことが可能です。

100株だけ参加してポイントは確実にゲットしておくようにしましょう。

ちなみに三菱UFJモルガンスタンレー証券が幹事入りしているのでauカブコム証券での取り扱いも期待できます。

こちらも忘れずにチェックしてくださいませ。

auカブコム証券を今すぐチェック

auカブコム証券のIPOルールについてはこちらを合わせてご覧ください。

ぶるぶる
ぶるぶる
幹事構成はネット組にはちょっと不利だね。今の雰囲気だとSBI証券だけ参加する人が多いかな。
メカニック
メカニック
当選しても全然喜べないしね。

 

SANEI(6230)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

SANEI(6230)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事大和証券
未定
幹事野村證券
未定
三菱UFJモルガンスタンレー証券
未定
SBI証券
参加
SMBC日興証券
未定
委託幹事松井証券(?)
未定
楽天証券(?)
未定
岡三オンライン証券(?)
未定
GMOクリック証券(?)
未定
ライブスター証券(?)
未定
DMM株(?)
未定
auカブコム証券(?)
未定

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

一応、未定です!!

でもおそらく参加しないでしょうね。

地合いが落ち着かないままなら公募割れが濃厚。

SBI証券のポイントだけもらうのがベストな戦略だと思います。

IPO初心者は不参加で問題ないでしょう!!

なんか承認取消が相次いでいる今の雰囲気だとSANEIもこれに続く可能性があるかもしれません。。

 

SANEI(6230)のIPO初値予想

SANEI(6230)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

-円 〜 -円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

SANEI(6230)のIPO個人的評価

【総合評価】
16/35

【スタンス】
弱気

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【生の口コミ】SBIソーシャルレンディングに3年投資してわかったメリット7つ・デメリット3つSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。