COZUCHIとタイアップキャンペーン!!

【先着1,000名】

COZUCHIへの投資家登録で2,000円分のアマギフが貰えます!!

IPO投資

【IPO評価】グローバルセキュリティエキスパートは親子上場のサイバーセキュリティ銘柄!! 上場日や主幹事構成、時価総額まとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
12月のIPOラッシュに入ってきたね。
メカニック
メカニック
今年も忙しくなりそうだ!!

どうも、メカニックです!!

グローバルセキュリティエキスパート(4417)のIPOが新規承認されました。

2021/12/20に上場予定で事業内容はセキュリティコンサルティング、脆弱性診断、サイバーセキュリティソリューションをはじめ、セキュリティの全体像を網羅した教育サー
ビスの提供
です。

このページではグローバルセキュリティエキスパート(4417)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、下記の動画でも紹介しています。

 

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:グローバルセキュリティエキスパートはプラスリターンの可能性大!!

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
24/35

【スタンス】
やや強気

時間がない人向けにグローバルセキュリティエキスパートのIPOについて要点をピックアップしてまとめました。

結論からいうと、初値は今の地合いだと公募価格以上になりそうです。

ポイント
  • サイバーセキュリティ事業
  • 12/20に上場
  • 複数社と上場日がバッティング
  • 想定価格は2,770円
  • 上場市場はマザーズ
  • 吸収金額は約19.1億円
  • 業績は好調で、黒字経営
  • 親子上場
  • ロックアップは完璧
  • 主幹事はSMBC日興証券

グローバルセキュリティエキスパートサイバーセキュリティ事業を行っている企業です。

マザーズに上場を予定しており、想定価格は2,770円、吸収金額は約19.1億円です。

業績は好調で黒字経営、セキュリティ関連ということもあり、人気化が期待できます。

ただし、上場日はJDSCなど複数社と上場日が被っており、過密日程です。

さらに、親子上場などいくつかマイナス材料は存在します。

とはいえ、公募割れするようなスペックではありません。

自分は申込するつもりです。

幹事構成を見ると、主幹事はSMBC日興証券です!!

主幹事のSMBC日興証券は新規口座開設後、3ヶ月間は優遇抽選が受けられます。

未開設の人で、当選を目指すならば申込期間までにしっかりと開設しておきましょう。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので、興味がある人は是非チェックしてみてください。

ちなみに当ブログでは特別キャンペーンも実施しており、投資家登録でAmazonギフト券1,000円相当が貰えます。

さらに、自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

グローバルセキュリティエキスパート(4417)のIPO詳細

銘柄 グローバルセキュリティエキスパート株式会社
市場 マザーズ
上場日 2021/12/20
コード 4417
公募 150,000株
売り出し 450,000株
OA 90,000株
想定価格 2,770円
吸収金額 約19.1億(想定価格ベース)
時価総額 約215.8億円(想定価格ベース)
BB期間 2021/12/3~12/9
価格決定日 2021/12/10

グローバルセキュリティエキスパート(4417)ってどんな会社??

まずは今回新規承認された、グローバルセキュリティエキスパートがどんな企業なのか簡単に紹介しますね。

1984年に株式会社ビジネスブレイン太田昭和の100%出資により、株式会社ホスピタル・ブレイン昭和として設立されました。

そこから、事業の譲受けなどがあり、2000年に現在の社名に変更。

野村総合研究所と資本提携など、他社と連携しながらおよそ39年でのIPOとなりました。

現在の従業員数は112名、提出会社の平均年間給与は約736万円となっています。

そんなグローバルセキュリティエキスパートの事業内容はサイバーセキュリティ事業です。

ビジネスモデルは下記の通り。

ユーザーがかかえるセキュリティの課題を解決するコンサルティング事業、従業員のセキュリティリテラシーを向上させるための教育事業、そして、セキュリティ製品などを提供するITソリューション事業を行なっています。

販売実績

販売実績を見ると、全事業で売り上げがしっかりと立っています。

しかも、コンサルティングと教育事業は100%以上の成長率です。

グローバルセキュリティエキスパート(4417)のIPOスペック

続いてグローバルセキュリティエキスパート(4417)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は2,770円。

上場予定市場はマザーズを見込んでおり、吸収金額は約19.1億円となっています。

グローバルセキュリティエキスパート(4417)のIPOにおけるマイナス材料

最初に、マイナス材料をチェックしていきましょう。

残念な点はスケジュールです。

12/20に上場しますが、同日に数社が上場するため、資金分散が起こりやすく、また注目度も低下してしまいます。

単独上場と比較するとパフォーマンスは落ちやすいです。

そして、IPOの地合いも未だ回復していません。

2020年は年末に好転したこともあり、初値高騰が続きました。

今年も同じような展開になればいいのですが。。

さらに、親子上場という点も忘れてはいけません。

親会社である株式会社ビジネスブレイン太田昭和はすでに上場しているため、親子上場となります。

こちらも投資家に良い印象を与えません。

グローバルセキュリティエキスパート(4417)のIPOにおけるプラス材料

次にプラス材料ですが、個人的に事業内容は評価されると思います。

サイバーセキュリティ事業はIPOでは人気の業種ですし、初値が上がりやすいです。

そして、吸収金額も20億円と、小型ではありませんが、この規模ならば重たさを感じません。

業績も良いですし、ロックアップもしっかりとかかっているということで、プラスリターンが狙えるスペックだと思います。

ぶるぶる
ぶるぶる
サイバーセキュリティ関連はアツい!!
メカニック
メカニック
12月はスケジュールが過密だから、ここだけが残念。。

 

グローバルセキュリティエキスパート(4417)のIPO仮条件

-円 〜 -円

※仮条件決定後に更新

 

グローバルセキュリティエキスパート(4417)のIPO公開価格

-円

※公開価格決定後に更新

 

グローバルセキュリティエキスパート(4417)のIPO割当枚数と当選期待度

続いて、グローバルセキュリティエキスパート(4417)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 SMBC日興証券
-枚
-枚
幹事 SBI証券
-枚
-枚
みずほ証券
-枚
-枚
大和証券
-枚
-枚
三菱UFJモルガンスタンレー証券
-枚
-枚
松井証券
-枚
-枚
岩井コスモ証券
-枚
-枚
東洋証券
-枚
-枚
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
SBIネオトレード証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
LINE証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
auカブコム証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

グローバルセキュリティエキスパート(4417)の主幹事

主幹事はSMBC日興証券です。

今年も12月まできましたが、ほぼ1年コンスタントに主幹事を務めた印象を受けます。

例年通りではありますが、この安定さは流石です。

さて、SMBC日興証券といえば、ネットから申し込みができ、全体の10%を一般抽選、そして5%を優遇抽選にまわします。

上記の条件次第でステージが変わり、プラチナならば当選確率がグッとアップします。

ただ、ブロンズやシルバーでも当選が困難というわけではありません。

自分は10月に上場したワンキャリアがブロンズで当選!!

4万円ほどの利益を手にしています。

ブロンズならば新規口座開設後、3ヶ月間は無条件で適用されますので、未保有の方は今のうちに準備だけはしておきましょう。

IPOルールをさらに詳しく知りたい人は下記記事にまとめていますのでこちらもどうぞ!!

その他狙い目の証券会社

主幹事以外の狙い目は上位幹事のSBI証券、そして松井証券の2社。

どちらもネット証券ということで、抽選割合が高いです。

しかも松井証券は資金不要で抽選に参加できます。

資金がなくても宝くじに参加できるようなものなので、確実におさえておきましょう。

ぶるぶる
ぶるぶる
優遇当選を狙うぞーー!!
メカニック
メカニック
また、ブロンズで当選しないかなぁ。

 

グローバルセキュリティエキスパート(4417)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

グローバルセキュリティエキスパート(4417)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 SMBC日興証券
参加
幹事 SBI証券
参加
みずほ証券
参加
大和証券
参加
三菱UFJモルガンスタンレー証券
参加
松井証券
参加
岩井コスモ証券
参加
東洋証券
ネット申込不可
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
参加予定
楽天証券(?)
参加予定
GMOクリック証券(?)
参加予定
SBIネオトレード証券(?)
参加予定
DMM株(?)
参加予定
auカブコム証券(?)
参加予定

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

スケジュールは非常に残念ですが、サイバーセキュリティ関連かつ規模も大きくありません。

このスペックならば十分プラスリターンが見込めそうです。

自分は強気で参加するつもりですよ。

 

グローバルセキュリティエキスパート(4417)のIPO初値予想と初値結果

グローバルセキュリティエキスパート(4417)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

-円 ~ -円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。

初値結果

-円
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック