IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
金融機関・サービス

【真実を暴露】IPOが当選しやすいおすすめ証券はココだっ!!6年の実体験を元にランキング形式でまとめてみました

自分がIPOを始めたのは2012年から。

かれこれ6年ほどが経過しようとしています。

コツコツIPOに申込をして、おそらく参加したIPOは200社~300社のほど。

気づいたらトータル利益は600万円を超えていました。

IPOに出会わなければこの600万円はなかったようなものなので、ホントにIPO様様です 笑

さて、そんなIPO投資ですが今まで一度も全体を通して当選歴を振替ったことがありませんでした。

そろそろいい頃合いかなと思ったので各証券会社で当選したIPO数をまとめてみたんですが、証券会社毎にかなり差があり、当選しやすい証券会社が浮き彫りになったんです。

今回はわかりやすくランキング形式でまとめましたので、さっそく紹介したいと思います。

 

【第1位】SMBC日興証券

栄えある第一位はSMBC日興証券でした。

いままで当選したIPO数は合計14社

トータル利益は約41万円です。

当選した銘柄はこんな感じ。

当選銘柄 株数 利益 上場年
100株
7.2万円
2013年
1口
1.0万円
2013年
100株
-1.31万円
2014年
1口
1.2万円
2014年
1口
2.5万円
2014年
1口
3.5万円
2015年
1口
6.0万円
2015年
100株
14.8万円
2015年
100株
0.8万円
2015年
100株
-2.6万円
2015年
1口
0.25万円
2016年
100株
-1.03万円
2017年
1口
1.4万円
2017年
100株
8.0万円
2018年

見ていただければわかると思いますが、リート系IPOが多く当選しています。

これがランキング第一位になった大きな要因ですかね。

リートIPOはネットから申し込めない証券会社も多いので、ここはSMBC日興証券の大きな強みです。

年間の主幹事数も多いので、この辺も当選しやすさにつながっているのかなと思います。

SMBC日興証券の公式サイト

主幹事多数!! IPO投資には絶対必要なSMBC日興証券のIPOルールや抽選方法を徹底解説!! SMBC日興証券は自分が初めて口座開設をした大手証券会社で、IPO人生で2回目に当選したタマホームを頂いた思入れ深い証券会社でも...

 

【第2位】大和証券

僅差で2位になったのは大和証券です。

当選数は合計13社とSMBC日興証券に僅か1社届かず。。

当選銘柄 株数 利益 上場年
サントリー食品インターナショナル
100株
0.2万円
2013年
100株
11.5万円
2013年
1口
1.4万円
2014年
1口
1.0万円
2014年
1口
1.2万円
2014年
100株
9.5万円
2014年
1口
3.5万円
2015年
100株
9.3万円
2015年
100株
12.5万円
2015年
100株
1.97万円
2015年
100株
2.3万円
2015年
100株
-1.55万円
2016年
1口
0.14万円
2016年

しかし合計利益は約53万円と10万円以上も引き離しています。

株式IPOに多く当選できたのが、利益が伸びた要因かもしれません。

また、株式IPOに多く当選できるのは抽選割合が20%と大手証券の中ではトップだからだと思います。

ほとんどの証券会社は10%なので2倍も違いますからね。

主幹事も多いですし、こちらもリート系IPOに申し込めるのは大きいかなと思います。

いつSMBC日興証券を抜いて1位になってもおかしくありません!!

大和証券の公式サイトはこちら

大和証券のIPOルールを徹底解説!! チャンス抽選を攻略して当選確率アップを目指そう!! 大和証券といえば抽選割合が高く、個人投資家でもIPOが当選しやすい証券会社と有名です スタンダードなIPOだけでなくREI...

 

【第3位】三菱UFJモルガンスタンレー証券

第三位は意外にも三菱UFJモルガンスタンレー証券でした。

当選数は全部で11社です。

当選した銘柄は下記の通り。

当選銘柄
株数
利益
上場年
100株
3.2万円
2013年
100株
5.0万円
2014年
100株
55.9万円
2014年
100株
0.7万円
2014年
100株
1.12万円
2015年
100株
2.3万円
2015年
100株
7.29万円
2015年
100株
2.31万円
2015年
100株
-0.93万円
2016年
100株
5.0万円
2016年
100株
2.8万円
2017年

当選したIPOは全て株式IPOということもあり合計利益はなんと約84万円

S級IPOのフィックスターズが50万円以上の利益をだしてくれたのが大きいです!!

また、三菱UFJモルガンスタンレー証券はJR九州や日本郵政グループ、SGホールディングスなど超大型IPOで主幹事になると全プレしてくれることもあるんですよね。

これだけでも15万円以上の利益はでているので、三菱UFJモルガンスタンレー証券の口座をもていたら最低でもこれだけの利益はだせていることになります。

他のサイトやブログでは全然紹介されませんが、実はかなりおススメの証券会社ですよ。

三菱UFJモルガンスタンレー証券の公式サイト

 

【第4位】SBI証券

第4位はネット証券大手のSBI証券がランクイン!!

当選数は全部で9社。

当選銘柄 株数 利益 上場年
エストラスト
100株
11.63万円
2012年
100株
5.0万円
2014年
100株
-0.99万円
2014年
100株
5.95万円
2014年
300株
42.06万円
2015年
100株
1.97万円
2015年
100株
28.2万円
2015年
100株
47.2万円
2016年
100株
19.0万円
2017年
100株
14.2万円
2018年

合計利益は150万円以上です。

これだけ多くの利益が得られたのは”A級IPOが多くあたっている”こと、そしてIPOチャレンジポイントという独自の制度のおかげです。

特にS級IPOのエルテスは一撃47万円の利益!!

この時はほんとテンションがあがりました!!

また、モバイルファクトリーはIPOチャレンジポイントを利用して当選。

こちらも42万円のという大きな利益をもたらしてくれました。

SBI証券は他にはない独自のルールがあるのが大きな魅力ですかね。

IPOチャレンジポイントを貯めていけば誰でもいつかはS級IPOに当選できる貴重な証券会社ですよ。

SBI証券の公式サイトはこちら

誰でもいつかは当選できる!? SBI証券のIPOルールと抽選方法やペナルティを徹底解説!!SBI証券は自分が一番初めに口座開設した証券会社です そして、数ある証券会社の中でもIPO投資という項目に焦点を当てると、他にはな...

 

【第5位】マネックス証券

第5位はマネックス証券

当選数は7社。

当選銘柄 株数 利益 上場年
100株
0.7万円
2014年
100株
12.3万円
2014年
100株
0万円
2014年
100株
12.5万円
2015年
100株
2.3万円
2015年
100株
-0.93万円
2016年
100株
17.99万円
2016年

合計利益は45万円ほどです。

マネックス証券いえば、やはり一番はじめに浮かぶのが”IPOは100%抽選配分“というところでしょう。

このルールがあることによって誰でも平等に抽選を受けることができますからね。

また、IPOの取扱数がトップクラスなのも魅力だと思います。

2017年に上場したマネーフォワードでは主幹事となり、当選者が続出したことも記憶に新しいです。

自分は残念ながら当選できませんでしたが 笑

IPO投資ではかかせない証券会社の一つといっても過言ではありません。

マネックス証券の公式サイトはこちら

脅威の100%抽選配分!! IPO投資に必須のマネックス証券におけるIPO抽選ルールや幹事実績などを徹底紹介!! IPO投資で欠かせない証券会社の一つがマネックス証券です。 必須口座といっても過言ではないでしょう(^ ^) 本日は...

 

まとめ

今回は当選数が多い証券会社TOP5を紹介しました。

順位は人によって多少違うかもしれませんが、この5社はだいたいランクインしてくるんではないでしょうかね。

IPOは証券会社で主幹事数や抽選割合などが違うため、当選確率はかなり変わってくるんです。

自分が6年間申し込み続けて、1回も当選できない証券会社も普通にありますから。

今回紹介した5社は自信を持ってオススメできますので、これからIPO投資を始めようとしている方、なかなか当選ができない方は是非この5社の口座は作成しておくようにしてくださいね。

特に1位のSMBC日興証券は必ず作成しておくようにしましょう!!

SMBC日興証券の公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。